ママ活アプリにサクラはいる?狙われないために知りたい業者の特徴とは

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
ママ活アプリにサクラはいる?狙われないために知りたい業者の特徴とは

ママ活をするときにはママ活アプリを使うのが簡単で、魅力的なママに出会えるチャンスが十分にあります。

しかし、ママ活アプリを利用するときにはサクラが多いのではないかと不安になる人も多いでしょう。

サクラによる被害を受けたくないと思うのはもっともなことです。

実際にはママ活にはサクラがたくさんいるので、被害に遭わないようにママ活アプリを使うことが重要です。

業者もいるので被害に遭ってしまうリスクが高いことは否定できません。

ただ、ママ活アプリにいるサクラや業者は知識を持っていれば割と簡単に見分けられます。

サクラからアプローチされたとしても、誘惑にすぐに負けずに冷静に判断すれば特に問題はありません。

この記事ではママ活を始める男子のために、サクラの見分け方を詳しく解説します。

サクラの種類や特徴、サクラの被害に遭いにくいママ活アプリも紹介するので、怖がらずにママ活アプリを使ってママを探していきましょう。

読みたいところをタップ!

ほとんどのママ活アプリにはサクラがいる

ママ活アプリはママを探して出会うのに有効なアプリですが、ほとんどのママ活アプリにはサクラがいます。

サクラとは本来的な意味ではサービスの運営会社が利益を得るために雇っている人です。

ママ活アプリではメッセージのやり取りによって課金されるのが一般的です。

サクラを雇ってユーザーとメッセージのやり取りだけをさせて、会わないことによって運営会社に利益をもたらすというやり方がしばしばあります。

サクラは運営会社が雇用して管理しているのが前提とされているため、大手の出会い系サイト・アプリで「サクラなし」と言っているのは運営会社としてはサクラを雇用していないという意味です。

ただ、大手の出会い系サイトでもユーザーから見ればサクラのような人がたくさんいることも珍しくありません。

サクラとは別に業者が存在するからです。

業者とは出会い系のアプリやサイトを利用してビジネスをしようと企てているユーザーを指します。

出会いを求めて利用しているのではなく、風俗に誘ったり、投資の勧誘をしたり、連絡先を手に入れて売ったりするのが典型的です。

業者にもさまざまな種類がありますが、出会った後に利益を得ることを目的としているビジネスなのが共通点です。

大手のママ活アプリではパトロールをして業者による被害が起こらないように努力をしています。

しかし、24時間体制の監視をしていても業者をすべて排除できるわけではありません。

ユーザー視点ではサクラも業者も出会いを本気で求めているわけではないので同じようなものです。

ユーザーとしてはサクラでも業者でも結局は出会えないので、業者をサクラと認識することもよくあります。

なお、誰もが知っているような大手ではなく、小規模なママ活アプリや出会い系サイトではサクラがいる場合がほとんどです。

大手では本人確認書類やセルフィ―などの提出をしなければ、メッセージを送れないシステムになっていることがよくあります。

しかし、小規模の出会い系サイトでは個人情報を提出しなくてもメッセージを送ったり、連絡先を交換できたりするようにしていることもります。

このような場合にはほぼサクラがいると考えた方が良いでしょう。

運営会社はサクラにユーザーとメッセージのやり取りをしてもらうことで利益を得ています。

このようなサイトやアプリではサクラだけでなく業者もいるので、ママ活をするときには気を付けなければならないでしょう。

ママ活アプリにいるサクラの種類

ママ活アプリにはさまざまな種類のサクラがいます。

典型的なサクラの種類と特徴をここで確認しておきましょう。

他の出会い系サイトへの誘導

サクラで最も昔から多いのが他の出会い系サイトに誘導する人です。

複数の出会い系サイトを運営している会社がサクラを使って他のサイトにも登録させようとすることがあります。

もちろん、このような出会い系サイトではママ活はおろか、普通の女性にすら出会えません。

ぼったくりのような料金を課金させられて、あっという間にお金を取られてしまいます。

また、サクラのように見える業者のこともあります。

大手のママ活アプリに潜入して、自社の出会い系サイトに誘導する業者は多いので気を付けましょう。

他の出会い系サイトへの登録を促されたら、サクラか業者だと考えるのが無難です。

エロで誘ってお金を巻き上げる援デリ

エロで誘うのは出会い系サイトでもママ活アプリでもよくあるパターンです。

ママ活で体の関係になることはありますが、出会ったときなら体の関係を第一目的にしているケースはほとんどありません。

食事やショッピングなどのデートを通してお手当をもらうのがママ活の基本です。

最初からエロで誘ってくるのは援デリがほとんどです。

援デリは違法行為になり得る援助交際の誘いをかけてくるので、話に乗ってしまうと大変なことになります。

マルチや投資の勧誘をしてくる業者

マルチ商法や投資の勧誘をする業者はママ活男子を狙う詐欺でも非常に多く、ママ活アプリに潜んでいます。

商品を買って他の人に売れば儲かる、サービスの登録者を見つければお金になるといった勧誘をするのがマルチ商法の典型的なアプローチです。

「投資をしてお金を増やしませんか?」という形で勧誘してくることもよくあります。

実際にはユーザー登録でアフィリエイト報酬が出る投資サイトへの登録を促してお金を設けようとしているだけのことがほとんどです。

お金がなくて困っているからママ活をする人が多いため、カモと思われているので注意が必要です。

キャッシュバッカー

キャッシュバッカーも出会い系サイトでは横行しています。

出会い系サイトではサービスを利用するためにポイントが必要です。

また、サイトによってはポイントを換金できるシステムがあります。

ポイントを買わずに貯めるためのキャッシュバックシステムがある出会い系サイトでは、ポイント稼ぎを目的として活動しているキャッシュバッカーがいます。

キャッシュバッカーにつかまるとたくさん課金したのに結局出会えないことになるので気を付けましょう。

ママ活アプリにいるサクラの見分け方

ママ活アプリでママを探すときには、サクラの見分け方を押さえておくのが大切です。

見分けるポイントをここで理解しておきましょう。

プロフィール写真が美人で顔出ししている

プロフィール写真はサクラかどうかを見極めるのに役に立ちます。

プロフィール写真で顔出しをしていたらほぼサクラだと考えられます。

ママ活アプリで支援したい男性を探すときには、自分がママ活をしていることを知られたくないと思うのが普通だからです。

顔出しをすると、もし知り合いがアプリを利用してプロフィール写真を見てしまったら周囲に知られてしまうリスクがあります。

顔出しをしている上に美人過ぎたらサクラか業者だと考えて避けましょう。

好みのタイプや年齢が幅広い

プロフィールを見て好みのタイプのチェック項目がほとんど全部だったり、好みの年齢が幅広かったりしたらサクラでしょう。

ママ活に限ったことではありませんが、付き合う相手のタイプにはこだわりを持つのが当然です。

誰でも良いというくらいにどんなタイプでもOKにしているのは、出会いではなくビジネスが目的だと考えられます。

年齢についても同様で、ママ活をする女性は若い男性を求めるのが一般的なので気を付けましょう。

写真や文章でエロいアピールをしてくる

女性の方からエロいアピールをしてきたら、基本的には業者かサクラだと考えましょう。

ママ活をする女性は慎重な人が多く、たとえ体の関係を求めていたとしても相手を徹底的に吟味して判断します。

メッセージのやり取りをしている時点でアダルトな言葉を交えてきたら、業者の可能性が高いでしょう。

援デリなどのリスクが高いので、すぐにやり取りをやめるのが安全です。

エロい写真を送ってきたときにも課金させる目的だと考えた方が良いでしょう。

露骨にお金を持っているように見せる

ママ活アプリでお金があるように露骨にアピールしてくるときにはサクラのリスクが高いので避けた方が無難です。

お金が欲しいという気持ちを持っているママ活男子を狙って、マルチ商法や投資の勧誘をしてくる可能性があります。

「この人の言っていることに従ったら儲かるかもしれない」という気持ちに駆られて、詐欺の投資に手持ちのお金をほとんど出してしまって後悔するケースもあるので近寄らないのが大切です。

ママ活していることを大っぴらに出している

ママ活していることをプロフィールや掲示板で大っぴらに出している人はママ活をしていないと考えましょう。

サクラや業者、あるいはキャッシュバッカーの場合がほとんどです。

出会い系サイトではママ活のための出会い探しを禁止していることもあります。

それでもなお大々的にママ活をしていることを示しているのはカモを探しているからに他なりません。

ママ活をする女性はママ活をしていることを隠したいのが普通なので、公にしていたらサクラだと考えましょう。

最初のやり取りから長文を送ってくる

サクラの場合には最初のメッセージから長文になっていることがよくあります。

最初のメッセージでできるだけたくさんの魅力を伝えて返事をしてもらいたいと思っているからです。

試行錯誤をしているうちにだんだんとメッセージが長くなり、普通ならあり得ないくらいになっていることもよくあります。

最初は相手がどんな人か探るために短めのメッセージを送るのが普通なので、長くていろいろな話題を振ってきたときには避けた方が良いでしょう。

プロフィールとメッセージを送る時間が合わない

プロフィールに記載されている内容とメッセージが送られてくる時間に矛盾があるときにはサクラだと疑いましょう。

例えば、商社などで仕事をしている女性なのに昼間にメッセージが返ってくるのはおかしいでしょう。

昼休みの時間帯ならメッセージを送れるかもしれません。

しかし、10時や15時といった時間は仕事をしているはずなので、メッセージを送るのはほぼ不可能です。

メッセージが送られてくる時間に違和感があったときにはサクラリスクを取らずにあきらめるのがおすすめです。

メッセージのやり取りが噛み合わない

メッセージのやり取りをしていて、噛み合わないという印象があったらサクラです。

出会い系サイトではメッセージを送るごとに課金される仕組みになっています。

話がよくわからなくて質問をしたり、聞き返したりしているとどんどん課金することになります。

それを狙ってあえて話が嚙み合わないようにして稼ごうとしているのが典型的です。

質問してもスルーされたり、的外れの答えをされたりしたときにはサクラだと考えましょう。

すぐに会おうと言ってくる

すぐに会いたいという話をしてくるのは業者がほとんどです。

ママ活をする女性は慎重に相手を選ぶので、数回のメッセージで会おうという話になることはあまりありません。

業者は業者だとバレないうちに早く会って騙したいというのが普通なので、すぐに誘いをかけてきます。

援デリの場合もありますが、美人局のこともあるので特に注意が必要なパターンです。

被害に遭わないようにすぐに相手との連絡を絶って自分の身を守りましょう。

すぐにLINEを聞いてくる

すぐにLINEを交換したいと女性の方からアピールしてくるときもサクラや業者です。

LINE IDを自分から出さずに、教えて欲しいというメッセージを送ってきたときには特に気を付けましょう。

LINEの連絡先を奪っているリスト業者の可能性があるからです。

LINEを教えた途端に連絡が途絶えてしまい、全然知らないアカウントから友だち申請が来るようになります。

ママ活をする女性は相手を信頼できるという確証を持ってから連絡先を交換するのが普通なので、すぐにLINEを聞いてきたら避けましょう。

出会う日時や場所をサクサクと決めていく

出会う日時や場所を女性の方から積極的に提案してきて、サクサクと決まっていく流れができているのに気付いたら踏みとどまりましょう。

援デリや美人局、勧誘といった営業活動は行うエリアが決まっているため、女性側の方でセッティングしたがります。

日時や場所の変更を提案してみて、応じてくれないようならサクラか業者だと思った方が良いでしょう。

サクラとしてさまざまな出会い系サイトでやり取りをしている人は相手に疑われないように出会いのスケジュールを立てるのが得意なので十分に気を付けましょう。

長々とメッセージを続ける

長々とメッセージが続くのはサクラやキャッシュバッカーの特徴です。

サクラもキャッシュバッカーも男性にたくさん課金させることで報酬をもらえる仕組みのことが多いからです。

短いメッセージで質問を繰り返したり、「こういう意味?」というようなメッセージを送って返信の回数を増やそうとしたりする様子があったら出会い目的ではないと考えた方が良いでしょう。

ただお金がかかるだけになってしまうので、早めに連絡をやめるのがおすすめです。

サクラがいないママ活アプリ4選

サクラがいないママ活アプリを使えば、業者のリスクだけ考えれば安全に利用できます。

おすすめのママ活アプリを紹介するのでぜひ使ってみてください。

Jメール

Jメール
評価
会員数1,000万人(2024年5月現在)
ママの年齢層20~40代
登録無料特典1,000円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(1,100円~)
【女性】無料
特徴誘い飯掲示板で気軽に誘える
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社有限会社エムアイシー総合企画
インターネット異性紹介事業届出第90080006000号
公式URLhttps://mintj.com/msm/

Jメールは安全性の高い管理体制を整えている老舗のマッチングサービスです。

安全に利用できるように不適切な投稿を排除したり、24時間365日のユーザーサポートをしたりしているのが魅力です。

Jメールでは気軽に使えるシンプルなシステムになっているので、初めてママ活をする人でもJメールなら簡単にママを探し出せるでしょう。

【18禁】Jメールで年上女性を探す

ワクワクメール

ワクワクメール
評価
会員数1,125万人(2024年5月現在)
ママの年齢層20~30代
登録無料特典1,200円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴ママ活が実質黙認されている
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社株式会社ワクワクコミュニケーションズ
インターネット異性紹介事業届出第96090001000号
公式URLhttps://550909.com/

ワクワクメールは徹底した個人認証をしているので安心のマッチングアプリです。

電話番号と年齢による認証だけでなく、セルフィ―による認証まで実施して本人確認を徹底しています。

ワクワクメールは有人監視による不適切な投稿への対処を24時間体制で実施しているため、サクラや業者によるリスクが低くて安心して利用できます。

【18禁】ワクワクメールで年上女性を探す

ハッピーメール

ハッピーメール
評価
会員数3,000万(2024年5月現在)
ママの年齢層20~30代
登録無料特典1,200円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴国内最大級の会員数とクリーンさ
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社株式会社アイベック
インターネット異性紹介事業届出第90080003000号
公式URLhttps://happymail.co.jp/ ※18歳未満利用禁止

ハッピーメールは累計会員数が業界トップクラスの3,000万に到達している大手のマッチングアプリです。

業界で初めて24時間365日のサポートサービスを整えたことで有名な出会い系サイトです。

ハッピーメールはメディア掲載も多く、第三者機関による調査でも高い評価を得ているので安全に利用できるでしょう。

【18禁】ハッピーメールで年上女性を探す

華の会メール

華の会メール
評価
会員数非公開(2023年2月現在)
ママの年齢層30~60代
登録無料特典1,500円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(1,000円~)
【女性】無料
特徴40代以上の女性が多いから会いやすい
アプリ版なし
運営会社インターワークス株式会社
インターネット異性紹介事業届出第90080004029号
公式URLhttps://hana-mail.jp/

華の会メールは30代以上限定のマッチングサービスです。

華の会メールは不正なユーザーの排除を徹底しています。

新規登録時に電話番号認証を実施し、年齢確認も徹底しておこなっています。

有人監視とAI監視を同時に使って徹底監視をしているため、華の会メールは業者やサクラなどの被害に遭うリスクが低いマッチングアプリです。

【結論】ママ活アプリにいるサクラは見分けられる!誘惑には注意

ママ活アプリにはサクラだと思うような人がいることがほとんどです。

厳密に言えばサクラではなく業者の場合が多いですが、ユーザーが騙されてしまったら被害に遭うのは同じです。

ただ、ママ活アプリに潜んでいるサクラは見分けられるので心配はありません。

誘惑されたときに相手を疑うようにすれば、サクラや業者による被害を避けられます。

安全性が高い大手のママ活アプリを使用してサクラのリスクを下げ、業者に注意しながらママを探していきましょう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!