ママ活でセックスできるエロい女性はいる?エッチする方法や注意点を解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
ママ活 セックス

ママ活は短時間で効率よく高収入をゲットできる手段ですが、実はもっと稼げるママ活の方法があるんです。

それはセックスです。

確かにセックスをしてその上お金までもらえるなら良いことづくしだけれど、本当にそんな上手い話はあるのか?と疑問に思う男性もいるでしょう。

実際に、ママ活ではセックスをしたいというエロいママがたくさん存在するのです。

そのようなママをママ活サイトで見つけることができれば、普通のママ活をするよりも楽しく稼ぐことができます。

この記事では、ママ活でセックスをしたいエロい女性の存在や、気になる違法行為ではないのかという点、なぜママはエロくなるのかという理由についてわかりやすく説明します。

セックスをする場合の注意点や、さらに稼ぐためのコツについても詳しくアドバイスしているので、ママ活初心者の男子やエロいママとセックスしたい男性は是非最後までしっかり読んで参考にしてください。

読みたいところをタップ!

ママ活でセックスするエロい女性はいる?

ママ活では食事やデートだけでOKというママも多いですが、果たしてセックスもしたいというエロい女性はいるのでしょうか。

答えはYESです。

実際にTwitterなどのSNS上では、セックスありのママ活をした・体の関係を持って高額のお手当をもらったというママ活男子のうらやましい体験談が数多く見られます。

また、セックスありで金銭的なサポートをしたいという大人女性がママ活募集をする投稿も見られました。

ママ活でセックスをしたいというエロい女性は意外にも多いという事実がわかります。

ママ活でセックスすると違法になる?

ママ活でセックスをすれば、男性はお金をもらいながら刺激的な時間を楽しむことができ、ママも欲望を満たすことができて満足できるというようにお互いにメリットがあります。

しかし、気になるのが「セックスありのママ活は違法になるのではないか?」という点です。

これに関しては、いくつか注意点に気をつければ警察につかまるようなことはありません。

そもそも、大人の女性が年下の男性と体の関係を持つこと自体には違法性はありません。

セックスで違法になるとすれば、売春行為があります。

これはいわゆる売春行為として違法となります。

売春行為は以下の2つを満たすことで成立します。

  • 不特定多数と肉体関係を持つ
  • 肉体関係の代償として金銭を受け取る

ママ活は特定の女性との関係を前提としたお付き合いのため、売春行為とはなりません。

また、成人している男性が年上の女性と肉体関係を持つことには問題はありませんが、ママが未成年の男子と関係を持つことは違法行為となります。

ママ活でセックスをするのは成人になってからにした方が安全ということになります。

ママがママ活でエロくなる理由

ママはなぜママ活で食事やデートだけでは満足できず、セックスすることを求めてしまうのでしょうか。

その理由をいくつか解説します。

セックスがしたい

ママの中には単に「セックスがしたい」という耐えきれない欲望を抱えている女性も多くいます。

これには理由があり、主に40代からのママ世代の年齢の女性は、ホルモンの関係で20代〜30代の若い世代の女性に比べて性欲が強いというデータがあります。

つまり、年齢的に常にムラムラして欲求不満になっているということです。

夫がいても長年の夫婦生活によりマンネリ化していて既にレスになっていることがほとんどなので、高まっている性欲を発散させる機会がありません。

ママがママ活でエロくなるのはこのような理由が大きいのです。

癒やしが欲しい

ママ世代の女性は、仕事に家事にととにかくいろいろと忙しいのが特徴です。

人間関係でも仕事の部下やママ友、親戚付き合いなどと日常的にストレスを抱えやすいものです。

多忙でストレスを抱えていると、女性は欲求不満になりセックスで解消したい気持ちになります。

若い男性に優しく体に触れてもらうことで日々の疲れや嫌なことを忘れることができるのです。

身も心も疲れ果てたママにとって、年下の男子とのセックスは気分転換・リフレッシュとなり、また明日からも頑張ろう!という大きな活力となっているのです。

愛のある繋がりを求めている

女性にとってセックスというのは、本来は欲望を満たすためだけの行為ではなく、愛を確かめ合うという目的があります。

もちろん年齢を重ねたママも同じような気持ちを持っています。

かつては愛し合っていたはずの夫も冷たくなりすっかり愛が冷めてしまったというママは少なくありません。

そして、若い頃のようにセックスをすることで愛されていることを感じたいという願望を抱えているのです。

このようなママには、行為の最中に愛の言葉を囁いたり、終わった後も腕枕やピロートークをしてあげると喜ばれます。

ママ活でセックスするメリット

ママ活でセックスをすることにより、ママ側だけでなく男性側にもあるさまざまなメリットについて説明します。

年上女性とセックスできる

女性とセックスをした経験があったとしても、年齢差のある年上の女性としたことはないという男性は多いはずです。

実際に経験してみると、若い女性とのセックスにはないような良さを感じることもできるので、男として一度は経験しておいた方が良いでしょう。

また、若い年代のママ活男子の場合セックスの経験が少ないあるいは童貞男子も意外と多いですが、ママくらい大人な女性なら上手くできなくても優しくリードしてくれるので安心して経験を積み重ねることができます。

ママにとってはセックスに慣れていない初々しい様子も心をくすぐるものなので、甘えて身を任せれば包容力を持って受け入れてくれるはずです。

さまざまなエロいプレイを楽しめる

ママ世代の女性は、年齢を重ねていることもありセックスの経験はそれなりに豊富です。

そのため、積極的にさまざまなエロいプレイを楽しもうとしてくれるのが魅力です。

若い女性には引かれてしまうからと調整できなかったようなアブノーマルなプレイでも、ママならOKしてくれる可能性が高く存分に楽しむことができます。

毎回刺激的な時間を過ごすことができるので、セックスにあまり乗り気ではない若い女性とするよりも、常に新しい発見をすることができやみつきになること間違いなしです。

深い関係になれて長続きできる

ママ活で稼ぐには、長くお付き合いを継続させることが重要です。

特に条件が良い太ママはいくらママ活がブームの現在でもそう簡単にはつかまえることができません。

ママに冷められてしまったり、他のライバルのママ活男子に奪われないためには、体の関係を持つということが有効です。

女性は男性よりもセックスをした相手には深いつながりを感じるようになり、なかなか心が離れないという心理があります。

体の関係なしよりもありの方がママとの関係を長続きさせることができるのです。

普段より高いお手当がもらえる

ママ活のお手当の金額は、デートの内容によって上下するのが基本です。

つまり、食事やデートをするだけよりもセックスをした方がかなり高額のお手当をもらうことができます。

ママ活で高収入をゲットしたいなら、体の関係をOKするのがおすすめです。

1日時間をかけてデートをするよりも、1回セックスをするだけで高いお手当がもらえるので効率よく稼ぐことができます。

もし、今よりお手当アップを期待するなら、ママにさりげなく体の関係を提案してみると良いでしょう。

他の人に見られるリスクが減る

ママ活でセックスをするメリットには、他の人からママ活をしている現場を目撃されるリスクが減るという点が挙げられます。

セックスは大抵はラブホテルなどの密室で行うので、普通に食事デートや街中でデートをしているよりも、他の人から見られることがありません。

ママ活をしていることを周りの人に隠しているという男性は多いですし、ママが既婚者の場合は夫に関係がバレると慰謝料を請求されるなどのトラブルに発展する可能性があります。

ママ活でバレるリスクを回避しながら高収入を得るためには、セックスをするのが1番安全な方法だともいえます。

ママ活のセックスで気をつけること

ママ活でセックスをする際の注意点や、リスクを回避するための対策についてアドバイスします。

ママが妊娠する可能性がある

ママ活ではなくてもいえることですが、女性とセックスをするということには常に妊娠のリスクが伴います。

40代のママであれば、避妊なしでセックスをすれば妊娠する可能性は十分にあります。

万が一ですがママが妊娠して産みたいといった場合には大事になり、自分の将来に大きな影響を及ぼすことにもなるため、絶対に避けなければなりません。

ママ世代は性欲が強くセックスに奔放な傾向がありますが、行為の際には流れに乗せられることなく、冷静に避妊という対策を取りましょう。

コンドームを着用するという方法もありますが、ママにピルを飲んでもらえばリスクはほぼゼロになります。

ただし、ピルは体質的に服用できない女性もいるため、無理な場合にはやはりコンドームが必須です。

ママが今日は安全日だからと主張したり、子供ができない体質だと言う場合もありますが、絶対はなくあてにならないのでしっかり避妊はしてください。

性病を移される可能性がある

セックスをするということには、妊娠と同時に性病のリスクも伴います。

特に女性の場合、男性とは異なり性病を持っていても無症状なことも多く、気づかずにセックスをしてしまうケースもあります。

そのため、仮にママに事前に性病の有無を確認したとしてもあまりあてにはなりません。

もしママとのセックスで性病に感染してしまうことがあれば、辛い症状に苦しむ精神的な負担や、病院に通う手間や費用もかかりデメリットの方がはるかに大きくなります。

周りの人に性病にかかったことがバレてしまうと恥ずかしく偏見を持たれますし、もし他に本命の彼女がいた場合にはバレて別れの危機にもつながります。

ママ活でセックスをする場合には、ママから避妊なしでOKだと言われたとしても、性病を防ぐためにもコンドームを必ず着用するようにしてください。

慰謝料請求される場合がある

ママは年齢的に既婚者であることが多いです。

いくらママが夫に冷めていたり夫婦関係がセックスレスになっていたとしても、既婚者であるママと体の関係を持っていたことがバレてしまうと、不倫行為をしていたとして夫である男性から慰謝料を請求される可能性があります。

ママ活で稼ぐはずが高額の慰謝料を払わされるハメになると非常に大きなマイナスとなってしまいます。

それだけではなく、ママとの関係も終わらせるしかなくなり稼ぐ手段も失うことになります。

慰謝料を請求されることにより、勤務先や家族などにもママ活で不倫行為をしていたことがバレてしまい、社会的信用を失う恐れもあります。

このようなことにならないためにも、ママ活でセックスをする場合はくれぐれも周りの人に見られないように地元から離れたラブホテルを利用したり、LINEのやり取りなどで証拠を残さないようにする必要があります。

ママ活でセックスする方法

ママ活でセックスするにはどうしたらいいのか、という初心者の男子のために基本的なママ活の方法をアドバイスします。

最初からセックスありのママ活を探す

ママ活では、セックスはなしという考えのママも少なくありません。

そのような女性には交渉を持ちかけると嫌がられてしまう可能性が高いです。

そのため、ママ活でセックスをしたいなら最初からセックスありの関係を希望している女性を探す必要があります。

ママ活募集の条件や内容を見れば、ママが体の関係希望・OKであるかがある程度わかります。

ただし、あからさまにエロい雰囲気をアピールしてくる女性や、アダルト掲示板にいるママはほとんどが業者でやり取りをするのは大変危険なので避けるようにしてください。

ママと関係を深めてからセックスを誘う

いくら年上の大人の女性でも、出会ってすぐにセックスに誘うと警戒心を持たれます。

最初からセックスしたいというエロいママも多いですが、全てのママがそうだとは限りません。

相手によっては体目的だと思われて嫌がられる可能性があります。

セックスに誘うなら、ある程度ママとの距離を縮めて信頼関係を築いてからの方が安心です。

ママが自分に好意を感じてくれるようになれば、自然な流れで体の関係に発展することもできますし、ママからさりげなくOKのアピールがあるでしょう。

ママ活のセックスで稼ぐコツ

ママ活でセックスをしながら稼ぐという理想的な方法を成功させるために、効果的なコツをいくつかアドバイスします。

愛のあるセックスを心がける

いくらお金ありきの関係だとしても、ママにそれを感じさせるのはNGです。

特に、男性の場合はセックスでは快感を感じることを最大の目的としてしまいがちですか、女性は行為によって愛を感じたいという願望を持つ傾向があります。

自分本位の行為を行うのはマナー違反で、ママからも満足してもらうことができません。

恋人に接するように優しい言葉を囁いたり、丁寧に愛撫をして時間をかけて前戯を行うことを心がけましょう。

行為が終わってからもすぐに背を向けて寝たりスマホをいじるのは禁物です。

ママの髪を撫でてあげたり、良かったというような感想を伝えて、ママの心を満たしてあげましょう。

ママが望むセックスをする

セックスは、男性は満足していても女性は本当は物足りなく感じているということがよくあります。

特に、ママ世代の女性はある程度普通のセックスの経験は積み重ねているのでありきたりのプレイでは満足できないということもあります。

ママ活でセックスをする場合には、まずはママにどのようなプレイを希望しているのか聞いてあげましょう。

自分からは言い出しづらいというママでも希望するプレイを伝えやすく、それに応じたやり方をすれば満足してもらうことができます。

毎回ママの希望通りのセックスをすることができれば、ママの満足度も高くなりお手当もアップするはずです。

無理に価格交渉しない

ママ活でセックスをしたら高額のお手当がもらえるはず、と期待する男子は多いはずです。

しかし、だからといってママから提示されたお手当の金額が思ったよりも少なかったとしても、そこでしつこく交渉をするのはNGです。

お金目的でセックスをしようとしていることがママに伝わり悪い印象を持たれてしまいます。

また、予算が足りないとママを困らせることになります。

無理な価格交渉をすることにより、せっかくつかむことができたママ活のチャンス自体を消滅させることにもつながります。

まずは最初は交渉をしなくても、セックスの回数を重ねるうちにママの方からお手当の金額をアップしてくれる可能性もあります。

【結論】ママ活のセックスは現実にありえる!

ママ活では食事やデートでお手当をもらうのが基本ではありますが、実際にはセックスをしてさらに高収入をゲットしているママ活男子もいます。

ママ活でしっかり稼ぎたいならセックスありのママを探すのもおすすめです。

ただし、ママ活でのセックスにはリスクもあり全てのママがOKしてくれるとは限らないので注意が必要です。

この記事で読んだ内容を頭に入れて行動すれば、ママ活のセックスで稼ぐのも決して夢ではありません。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!