ママ活で美人局に遭うパターンと被害を受けないための対応を解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
ママ活で美人局に遭うパターンと被害を受けないための対応を解説

ママ活をしている男子は美人局の被害について聞いたことがあるでしょうか。

美人局とは女性が夫や友人などの男性と手を組み、言いがかりをつけてお金や物を脅し取る行為です。

ママ活で美人局に遭ってしまうと、男に恐喝されて身包みを剥がされるリスクが高いので注意が必要です。

美人局の被害に遭っているママ活男子は多いので、美人局がどのような形で迫ってくるのかを理解して対処できるようにするのが大切です。

ママ活アプリで多い美人局の誘い方を知って、適切な対策をしていれば被害に遭うことはあまりありません。

この記事ではママ活男子が美人局に狙われて被害に遭う理由と、ママ活で多い美人局のパターンをわかりやすく解説します。

もし美人局に遭ってしまったとしたらどのような対処法があるのかも詳しく紹介するので、十分な理解をしてからママ活を始めましょう。

読みたいところをタップ!

ママ活男子が美人局に狙われる理由

ママ活を始めたいと思っている男性にとっては、そもそもママ活男子が美人局に狙われやすい理由が分からないかもしれません。

ママ活男子が美人局に狙われるのはカモだと思われているからです。

なぜ美人局に狙われやすいのかをまず確認しておきましょう。

ママ活男子は警察に相談しようとしない

美人局はれっきとした犯罪行為なので、警察に通報すれば捜査してもらえます。

しかし、ママ活をしている男子はたとえ恐喝されて身包みを剥がされたとしても、警察に相談しようとしないはずだと思われています。

ママ活を家族や友人に知られたくない人が多いでしょう。

警察沙汰にしてしまうと周囲に知られてしまうリスクが高いからです。

ママ活だけならまだしも、美人局の被害に遭ったことまで知られたらどうなるかが不安になるのが当然です。

その弱みにつけ込むようにして美人局がママ活男子を狙っています。

社会経験が少ない学生が多い

ママ活男子は大学生が多く、社会経験が少ないので狙いやすいと思われています。

社会経験が豊富だと世の中に存在する詐欺行為について知識を得られることがよくあります。

友人や職場の同僚から美人局について耳にすることもあるでしょう。

しかし、学生は社会経験がないので、美人局などの恐喝や詐欺について知識をあまり持っていない人がほとんどです。

ママを装って騙すのが簡単だと考えられるため、ママ活男子がターゲットにされています。

お金絡みのトラブルに弱い

お金に困っているのはママ活男子に共通している点で、お金絡みのトラブルに弱いから狙おうという美人局もいます。

生活費が苦しい、欲しいものを買えない、学費を払えないなどといった悩みを抱えてママ活をしている男子も大勢います。

お金のトラブルの経験が初めてで、詐欺行為に遭ったとしてもどうしたら良いかわからない人がほとんどです。

ママ活で美人局の被害に遭ったとしても、どうやって対処したら良いのかがわからず途方に暮れてしまいがちです。

美人局を通報されるリスクが低いので狙い目にされています。

ママ活で美人局に遭いやすい場所

ママ活ではどこでママを探すかによって美人局に遭いやすいかどうかが異なるので、会いやすい場所を知っておきましょう。

TwitterやインスタなどのSNS

SNSでのママ活は美人局に遭いやすいので避けましょう。

Twitterやインスタは特に美人局の被害に遭うリスクが高いことで有名です。

アカウント登録時にメールアドレスがあれば十分で、フリーメールのアドレスを作れば何度でも登録できます。

美人局で運営側に通報されたとしても、また新しいアカウントを作れるので、何度も悪質行為をしている人が多いと言われています。

SNSは若い人がよく利用しているため、ママ活男子を狙っている美人局が横行しています。

無料のママ活掲示板

ママ活掲示板は美人局の被害に遭いやすいので注意が必要です。

会員制の有料掲示板であれば、詐欺行為をするためにお金を出してまで利用しようと思うケースは少ないでしょう。

しかし、無料のママ活掲示板の場合には誰でも匿名で自由に書き込めるので、美人局がママ活男子を簡単に誘えます。

無料で利用できる出会い系掲示板は昔からママ活の詐欺によく使われているため、ママを探すときには使わない方が良いでしょう。

マイナーなママ活アプリ

ママ活アプリは美人局のリスクは比較的低いですが、マイナーなママ活アプリでは美人局が横行しています。

大手で有名なママ活アプリでは監視体制を整えていて、悪質行為をしているユーザーを排除しています。

メッセージを送るには本人確認書類やセルフィーの提出も求めていることが多いため、美人局を目的として利用するリスクが高めです。

しかし、マイナーなママ活アプリではこのようなセキュリティ対策が十分ではないことがあるので気を付けましょう。

ママ活で見かける美人局の特徴

美人局かどうかは特徴を知っていれば見分けられます。

ここではママ活でよく見かけられる美人局の特徴を紹介します。

プロフィール写真がやたら美人でエロい

ママ活アプリやママ活サイトなどでママを探しているときに、プロフィール写真を見ると美人局の可能性が高いかどうかがわかります。

プロフィール写真がやたら美人で、誰もが目を引くようなものになっていたら、明らかに細工をしていると考えられます。

ネット上にある画像をそのまま使ったり、少し加工して使用していたりすることもあるので気を付けましょう。

特にエロい雰囲気を出してママ活男子を誘うことは多いので注意が必要です。

希望する年齢やタイプが広い

ママ活アプリやママ活サイトのプロフィールを見たときに、相手についての許容範囲が広すぎるときには美人局を疑いましょう。

30代の女性なのに20代から50代までカバーしていたり、いろいろなタイプのチェックを入れていたりする場合には、誰でも気にせず誘おうとしているのが明らかです。

美人局の場合には年齢もタイプも関係なくカモであれば誰でも良いので、広く相手を募集しているのが一般的です。

お金持ちアピールが多い

美人局の場合にはお金持ちという様子を強くアピールしていることが多いのが特徴です。

TwitterやInstagramでは典型的で、投稿の写真で高価なアクセサリーを身に付けていたり、海外で撮影したりしていることがよくあります。

ママ活アプリやママ活サイトのプロフィールにお金があって裕福な生活をしている様子を書いている場合もあります。

お金に目がくらんでアプローチしてくるママ活男子を狙う基本戦略なので注意しましょう。

エッチなアピールが多い

エッチなアピールが多いのは美人局に共通するポイントです。

SNSでもネット掲示板でもよくあることですが、ママ活アプリやママ活サイトの場合にも注意が必要です。

プロフィールがやたらにエッチにかかわる内容が含まれていたらほぼ美人局でしょう。

そうでなくともメッセージのやり取りを始めたら、突然エッチな話題を始めることもあります。

まだ対面すらしていないのにエッチなアピールが目立ったらママ候補から外すのが無難です。

今すぐ会えると言ってくる

今すぐ会えるとアピールするのは美人局の特徴です。

美人局では正体を気付かれないうちに会って、恐喝して金品を奪うのが基本だからです。

しかし、本気でママ活をしようとしている女性は、メッセージのやり取りを通して慎重に相手を選びます。

支援したいと思える男性や、信頼できる男性を選び出したいと思っているからです。

まだメッセージを送って間もないのにすぐに会いたいと言われたら美人局だと考えた方が良いでしょう。

待ち合わせ場所を指定してくる

何度か相手とメッセージを交わしてリアルで会うことになった際に、ママの方から待ち合わせ場所を指定してきたら美人局のリスクが高いと考えられます。

美人局の場合には人目がないような場所で待ち合わせをしたいと思う場合が多いからです。

そして、男性が待ち合わせ場所の近くに隠れていて、頃合いを見てやってきて恐喝するという流れが一般的になっています。

このようなよくあるパターンで被害に遭わないためには、待ち合わせ場所については自分が決めるのが大切です。

すぐにホテルへ誘ってくる

美人局はホテルに誘うことが多いのが特徴です。

初めて会ったのにすぐにホテルに行こうと誘ってくることもよくあります。

ホテルに入ると2人だけの関係になり、誰の目に触れることもないからです。

そのホテルの中に男が入ってきて恐喝されるというパターンは美人局では頻繁にあります。

一般的なママはすぐにホテルに誘うことはありません。

初対面や二回目くらいでホテルに誘われたら美人局だと思って避けた方が良いでしょう。

ママ活で美人局に遭わないための対策

美人局の被害に遭わないためには重要な対策があります。

すぐにできる対策方法を紹介するので覚えておきましょう。

怪しいアカウントには連絡しない

少しでも怪しいと思うアカウントだったら連絡しないのが最も重要です。

写真が美しすぎる、エロさをアピールしているという印象を受けたときや、プロフィールから男性を誘おうという気配があると感じたときには美人局のリスクが高いでしょう。

登録したてのアカウントも、何度も運営側にアカウントを停止されている人が新しく作った可能性があるので避けた方が良いでしょう。

些細なことでも不安があったらママの候補から外すのが無難です。

やり取り中でもおかしいと思ったら会わない

写真やプロフィールでは安心できそうなママだったとしても、やり取りを始めてから何かおかしいと思ったら会うのはやめましょう。

メッセージの内容が首尾一貫しなくて、コミュニケーションがうまく成立しないケースはよくあります。

美人局の場合にはアカウントを共有していて、複数の人が返事をしていることがあるからです。

少しでもメッセージの応答に違和感があったら危険信号だと考えて、速やかに連絡を取るのをやめましょう。

貴重品はなるべく持たない

ママとして魅力的な人が見つかったときにはリアルで会うことになります。

手練れの美人局なら会うまでうまくカモフラージュしていて気付かれないように立ち振る舞っている場合があります。

もし美人局だったとしても被害を最小限にするために、貴重品はできるだけ持たずに会いましょう。

ママ活ではママが食事代などを払ってくれるのが基本です。

待ち合わせ場所への往復の交通費だけ持って会いに行くのが安全でしょう。

二人きりになるような状況は避ける

美人局は執拗に二人きりになれるようにしようとします。

何度も会って信頼できるママだとわかるまでは二人きりになるような状況を徹底して避けましょう。

ホテルに連れ込むのが最も多い例ですが、人気のない通りのパブなどに連れ込もうとするケースもあります。

夜になるとほとんど人通りがない道を選んで誘導する人もいます。

美人局だったら二人きりになったところで男が出てきて脅迫されるので、最初のうちは人がたくさんいるところで会うようにしましょう。

肉体関係を誘われても乗らない

ママ活では肉体関係をママから誘われても乗らないのが大切です。

肉体関係を求めてホテルに行き、二人きりの密室にするのが目的の可能性があるからです。

ママ活ではセックスを求めてくるママに会うこともあります。

しかし、数回会っただけですぐに肉体関係を誘うようなママはほとんどいません。

肉体関係を求められると、男心としてはつい乗ってしまいがちです。

その心理を狙っている詐欺行為が多いので、美人局の被害に遭わないためには断りましょう。

ママ活で美人局に遭ってしまった場合の対処法

対策をしていても美人局に遭ってしまうリスクはゼロではありません。

被害に遭ったときの対処法を理解しておきましょう。

美人局に遭った状況を細かくメモする

美人局に遭った状況を忘れないうちに細かくメモをするのがまず大切です。

美人局は恐喝による犯罪行為なので、状況を詳しく記録してあれば救済される可能性があります。

どのようにして出会ったのか、どこに連れ込まれたのか、どんなタイミングで男が出てきたのかを詳しく書き留めておきましょう。

被害に遭った現場にいるなら写真や動画を撮影して、現場の状況をわかりやすく説明できるようにしておくのが大切です。

警察へ事件が起きたと通報する

美人局に遭ってしまったら警察に事件が起きたとその場で通報しましょう。

交番や警察署に自分で行くのではなく、110番に電話をして現場に来てもらうのが大切です。

恐喝された事実が現場に残っていればすぐに捜査を始めてくれるからです。

現場検証をしてもらうことで美人局の犯人の手がかりを発見してくれる可能性があります。

相手の写真や声などの記録があるなら警察に提出しましょう。

捜査の助けになるだけでなく、美人局の被害に遭った根拠にもなるので警察に信用してもらえます。

念のため弁護士にも連絡する

ママ活で美人局に遭遇したときには弁護士にも連絡しましょう。

弁護士は依頼主を守るための守秘義務を負っているので、相談してもママ活をしたことも、美人局に遭ったこともバレることはありません。

弁護士に相談しておけば美人局の犯人が見つかったときには損害賠償請求などに速やかに対応してくれます。

また、相手の女性とホテルに行った場合には、夫と名乗る男が慰謝料請求をしてくる場合もあります。

それでも弁護士が適切に対応してくれるので、被害を最小限にできるでしょう。

【結論】ママ活で美人局に遭わないように意識を持とう

ママ活でママを探すときには美人局に遭わないように意識するのが最も大切です。

安易に甘い言葉をかけてくる女性に惹かれてしまうと、美人局の被害に遭うリスクが高くなります。

肉体関係や人気のないところへの誘いがあっても最初のうちは断りましょう。

ママと信頼関係ができてからだんだんと親密な関係作りをしていくのが安全策です。

それでもママ活で美人局に遭ってしまったなら状況を警察に伝え、弁護士にも守ってもらいましょう。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!