メルパラでのママ活のやり方や探し方のコツを口コミとともに解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
メルパラでのママ活のやり方や探し方のコツを口コミとともに解説

メルパラはマッチングアプリ・サイトのひとつですが、実はママ活に向いている特徴があります。

ママ活を始めたいけれどどうしたらいいかわからない、他のアプリではママが見つからない、という男性にもメルパラはおすすめです。

メルパラをママ活するアプリとして利用するための手順を解説するので是非参考にしてください。

口コミ評判をもとに、メルパラは本当に出会えるアプリなのかについても調査しています。

利用前に知っておきたい注意点についても説明するので、最後までしっかり読んでおいてください。

読みたいところをタップ!

メルパラでのママ活のやり方

メルパラを使ってママ活をするやり方について説明します。

初めてメルパラを使うという人は基本的な手順を確認しておきましょう。

メルパラに登録してプロフィールを設定する

まずはメルパラの公式サイトで登録を行います。

登録時に必要な情報は、ニックネーム・住んでいる都道府県・年齢・メールアドレスです。

情報を登録してからメール認証を行います。

その後、メルパラのアプリをインストールします。

アプリではプロフィール設定を行います。

ニックネームや都道府県・年齢の他に職業やルックス、体型に関する情報などを設定することができます。

出会いの目的についても恋愛・遊び友達・趣味友達など希望に応じて設定が可能です。

プロフィールが充実しているとママからの関心を惹きつけやすく、誠実な印象を与えることができるのでなるべく丁寧に入力するようにしてください。

プロフィールで自分の情報を設定してから、プロフィール写真の登録を行います。

プロフィール写真もママとのマッチング率を高めるために重要です。

イケメンに見せるために過度の画像加工をするとかえって逆効果なので、清潔感の感じられる自然な笑顔の写真を選びましょう。

掲示板や検索でママ候補を探す

プロフィール・写真の登録を完了したら、希望の条件に合うママを検索します。

ママからアプローチがあるのを待つのではなく、積極的に自分から行動しなければチャンスをつかむことはできません。

ライバルのママ活男子に先を越されないように、掲示板やプロフィール検索でママ候補の女性を探しましょう。

メルパラには大きく分けてピュア掲示板(友達や恋人を探している人向け)とアダルト掲示板(セフレなど体の関係・割り切った関係を希望している人向け)があります。

ママ候補の女性を探すならピュア掲示板を利用することをおすすめします。

ママ活では大人の関係になることもありますが、アダルト掲示板にいるのはほとんどがママ活男子を狙う業者です。

外部に誘導して金銭を騙し取ったり、個人情報を盗むことを目的として近づいてきます。

トラブルに巻き込まれる可能性が高いので避けましょう。

メルパラでは、プロフィール検索で希望の条件に当てはまるママを探すことも可能です。

ママ候補に該当しない女性も多いので、ただ闇雲に探すのではなくまずは年齢(40代〜)と住んでいる地域(近隣エリア)で検索してみましょう。

ママ候補の女性とメッセージでやり取りする

希望の条件に当てはまるママ候補の女性を見つけたら、まずはメッセージを送ることでアプローチします。

最初からママ活の話をすることは、女性が引いてしまうので避けましょう。

最初のメッセージでは、挨拶と自分の簡単な自己紹介、ママに惹かれた理由(年上の大人な女性がタイプなど)を伝えると効果的です。

すぐにLINEの交換をしようとするのも、慣れていると思われたり警戒されたりするので、まずはメッセージのやり取りをして距離を縮めることが大切です。

趣味や好きな食べ物などの話題がその後のデートにつなげやすいのでおすすめです。

ある程度やり取りをして好感触がつかめたらLINEの交換を提案してみましょう。

OKしてもらえたらママ活スタートは目前です。

女性と実際に会ってデートする

LINEを交換できる段階になったら、ダラダラやり取りをするのではなくデートに誘ってみましょう。

ここではまだ、焦ってママ活の話を出してはいけません。

お金目的であることがわかると、がっかりして会ってくれなくなる女性もいます。

まずは、ママの好きな食べ物や行きたいお店を聞き出して、食事やお茶をしながら気軽に会うというデートを提案してみてください。

ママがよほど多忙でなければすんなりOKしてくれるはずです。

デート当日、ママが待ち合わせ場所に来てくれたら笑顔でお礼を伝えましょう。

「会えるのを楽しみにしていました」と伝えればママの心をつかむことができます。

デートではママを恋人のように、1人の女性として扱う態度を心がけてください。

荷物を持ってあげたり、さりげなく車道側を自分が歩いたり、お店に入る時は先にドアを開けて通してあげたりと、ささいな態度で紳士的なイメージを与えましょう。

デート中は基本的にママの話の聞き役になり、関心を持っている態度を見せれば一緒にいて楽しいと満足してもらうことができます。

ママ活の交渉や次回の約束を取り付ける

ママと楽しい時間を過ごすことができたら、いよいよ最大の目的であるママ活の交渉を行います。

デート中にママが自分を気に入ってくれている感触があればスムーズに話を進めることができます。

ただし、いきなり「ママ活をしたい」とストレートに切り出すのは禁物です。

「今は将来の目標に向かっている最中で金銭的な余裕がない。バイトも忙しくて時間に余裕がないけれど、これからもこうして会って楽しい時間を過ごしたい」と伝えれば、自分に好意のあるママなら金銭的なサポートを申し出てくれるはずです。

ママ活慣れしている印象を与えずに希望通りの交渉を行うためには、ネットで見た相場やママ活をしている友人からの情報(架空でOK)を元にする形で話を進めると良いでしょう。

そして、交渉が成立したからといって油断をしてはいけません。

自然消滅にならないためにも、その場で次回のデートの約束をしておきましょう。

デートの日時についてはママのスケジュールに合わせる気遣いを見せてください。

メルパラでのママの探し方

メルパラでママ候補の女性を探す方法を詳しく説明します。

しっかり読んでおくことで、「メルパラに登録したけどどうしたらいいかわからない」ということにならないはずです。

ピュア掲示板の「メル友・まぢ恋」で募集する

メルパラでは、業者だらけのアダルト掲示板は避けて素人女性と出会えるピュア掲示板一択でママを探しましょう。

ピュア掲示板の中でも、「メル友・まぢ恋」のカテゴリーがおすすめです。

メル友募集なら慎重派のママでも警戒心を持ちにくいですし、まぢ恋ではドラマティックな出会いを期待している女性が多いので、年下の若い男性は人気があります。

もちろん、ママ活目的であることはここでは明かさないようにします。

「素敵な大人の女性とメル友になりたいです。」「年上の女性との恋愛に憧れています。」など、ママの関心を惹きつけるような文章で募集をすると効果的です。

検索機能を使って高収入のママを探す

メルパラでママ候補の女性を探すなら、検索機能を活用するのが基本的な方法です。

会わなければママ活ができないので近くの地域に住んでいること、ママ活なので自分より年上の40代以上の年齢であることが条件です。

さらに、ママになってもらうためには金銭的な余裕があることが重要なポイントなので、年収が高さや、高収入だと予想できる職業(医師や会社経営者など)で検索すると効果的です。

ただし、条件にこだわりすぎると該当する女性が非常に少なくなってしまうので、ママ活をする上で最低限必要な条件で検索するようにしてください。

メルパラでママ活している人の口コミ

メルパラでママ活をしている人の口コミをSNS上で調査しました。

メルパラは人妻女性にも人気があり、出会いを求めているママ世代の女性も多いようです。

男性ユーザーの体験談からも、思っていたよりも立て続けに女性と出会うことができた、美人と出会えたという良い口コミがあります。

女性の方が男性よりも多いという情報があるように、男性にとっては出会いやすくママ活がしやすいアプリだということがわかります。

メルパラがママ活に向いている理由

メルパラがママ活に向いている理由はいくつかあります。

メルパラでママ活をするメリットについて説明します。

ややマイナーなサイトでライバルが少ない

メルパラは、他の知名度の高い大手の出会い系・マッチングアプリと比較するとややマイナーな位置付けです。

しかし、だからこそママ活目的で利用している男性が少なく、ライバルとなるママ活男子に先を越されることなくママをゲットできるのがメリットです。

有名なサイトはたくさんの女性と出会える反面競争率が高いことも事実なので、太ママをつかまえたいのならあえてマイナーなメルパラがおすすめです。

Jメールと同じ運営会社だから安全

メルパラはマッチングアプリの中ではややマイナーですが、実はJメールと運営会社が同じです。

老舗の出会い系サイトであるJメールはママ世代の女性からの支持も高いので、メルパラは慎重派の女性からも選ばれやすいのが特徴です。

大手の出会い系サイトと運営元が同じであることから、悪質なユーザーへの対処やトラブル時のサポートも万全で、安全にママ活をすることができます。

真剣な出会いよりも軽い出会いを求める女性が多い

メルパラに登録している女性は、婚活・恋活など真剣な出会い目的よりも、メル友や遊び相手など気軽な出会いを目的としていることが多いです。

ママ世代の女性から本気で好かれてしまい執着される心配がなく、お気に入りの遊び相手として割り切った関係で付き合うことができます。

金銭的な余裕があるから年下の男性をサポートしながらお付き合いしたい、仕事が休みの日に若い男性とデートして気分転換をしたいというようなママ候補の女性を見つけやすいのがメリットです。

メルパラのママ活でママを見つけるコツ

メルパラでママ活を成功させるためにはいくつかのコツがあります。

ママを見つけるためにおさえておきたいポイントをアドバイスします。

ママが気になるプロフィールを作り込む

メルパラでママの関心を惹きつけるには、プロフィール内容に工夫が必要です。

趣味は、ママも好みそうなグルメや映画鑑賞、温泉旅行などと記載すると、一緒に楽しみたいと思ってもらえるでしょう。

特技はマッサージや悩み相談などと記載すれば癒されたいママからは好印象です。

また、スポーツを趣味や特技にすれば若者らしい魅力が感じられて、ママ世代からは好感を持たれやすいです。

自己紹介文では、将来の夢や目標について記入し、今はそのために頑張っている最中だとアピールすれば、金銭的な余裕がある女性ならサポートをしたいと思ってくれるでしょう。

なるべく幅広い地域で探してみる

ママ活をするにはデートをする必要があるので、会える距離に住んでいることが最低条件となります。

ただし、あまりにも近くのエリアのみに限定してしまうと、希望の条件に当てはまるママが見つからない場合もあります。

必ずしも同じ都道府県でなくても、隣接しているエリアなら週末などに定期的に会うことが可能です。

車を持っていてドライブが好きなママなら少し遠くても会いに来てくれますし、離れた地域でも出張や旅行で訪れることもあります。

同じ地域でなかなかママを見つけることができない場合は、できるだけ探す地域の範囲を広げてみてください。

ママ活アピールをしない

メルパラはママ活専用アプリではないので、年上の女性であってもママ活を目的としているとは限りません。

自己紹介文やメッセージなどであからさまにママ活アピールをすると、女性からはお金目的という印象を持たれて避けられてしまいます。

ママ活を始める前に女性の心をしっかりつかむことが必要なので、ママ活用語を使ったり合う前から具体的なお金の話をするのは避けましょう。

最初はお金目的ではなく、純粋に魅力を感じたから会いたいと思わせるのがコツです。

メルパラのママ活で気をつけること

メルパラはママ活におすすめのアプリ・サイトではありますが、気をつけなければならないこともあります。

注意点についても確認しておきましょう。

メルパラはママ活NG

メルパラは本来ママ活のために提供されているアプリではありません。

ママ活を目的とした利用は禁止されています。

そのため、自己紹介文でママ活用語を使ったりお金の話をあからさまに書いたりすると、運営に見つかって警告を受ける可能性があります。

禁止行為をする悪質なユーザーだとみなされると利用停止や強制退会などのペナルティを受けることもあります。

メルパラでママ活をする場合は、ママ活アピールは避け、具体的な交渉はデートをしてから行うようにしましょう。

キャッシュバッカーに気をつける

メルパラには、業者の他にキャッシュバッカーも潜んでいることがあります。

メルパラでは、女性会員が男性会員とやり取りをするとポイントが貯まるシステムがあります。

そのポイントを目的として、最初から全く会う気もないのにダラダラと男性会員とメッセージのやり取りを長引かせるのがキャッシュバッカーの特徴です。

いくらやり取りをしても会う話になるとはぐらかされたり、短文のメッセージを何度も送ってきます。

関わるだけ時間の無駄なので、そのような不審な女性は避けましょう。

あまりこだわりすぎると見つからなくなる

メルパラは他のアプリと比較すると会員数が少なく、女性の年齢層が若いのが難点です。

そのため、条件にこだわりすぎるとなかなか当てはまるママ候補の女性と出会うことができません。

メルパラでママを探すなら、あまり細かい条件で絞り込もうとせずに、まずは最低限の条件のみで探してみることをおすすめします。

年収が少なくてもリッチな暮らしをしているセレブ主婦もいますし、離れた地域に住んでいても車などですぐに会いに来れる女性もいます。

【結論】メルパラのママ活は上手く使えば成功できる!

メルパラはJメールと運営会社が同じで安全性が高いアプリ・サイトでありながらも、比較的マイナーなのでママ活の競争率が低いのが魅力です。

プロフィール設定を念入りにして、ピュア掲示板などでママ候補の女性を探してアプローチすればママ活につなげることも十分可能です。

ただし、メルパラのサービスは本来はママ活を目的としたものではなく、ママ活募集は禁止行為にあたるので、ママ活ワードを使ったり匂わせるような表現は避けましょう。

コツをおさえて注意点に気をつけながら、メルパラで理想のママ活ライフをスタートしてください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!