ペイターズ(paters)でブロックされたときの対処法や機能を解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
ペイターズ(paters)でブロックされたときの対処法や機能を解説

近年はより使いやすく、お目当ての異性と出会える確率が上がったと人気のパパ活アプリが多数登場しています。

今回ご紹介する「ペイターズ(paters)」もまた、界隈で人気の高いパパ活アプリ。

利用者が多いのが特徴であり、その反面合わないと感じた相手に出会う可能性も少なくありません。

こちらの記事では、ペイターズを利用する際に注意したい「ブロック機能」について、された場合・する場合のそれぞれを解説していきましょう。

ペイターズ(paters)の口コミ評判はパパ活アプリの中で良い?相場やパパ活のやり方を徹底解説

読みたいところをタップ!

ペイターズ(paters)でブロックされたらどうなる?

これまでは楽しく話していたはずなのに、ある日突然連絡が返ってこなくなってしまったり、以前のやり取りが確認できなくなってしまったりすると不安ですよね。

もしかするとそれは、相手に「ブロック」されているのかもしれません。

まずは残念ながら相手にブロックされてしまった場合、一体どんなことが起こるのか見てみましょう。

  • 相手からのメッセージや通話が届かなくなる
  • こちらから相手にメッセージや通話ができなくなる
  • メッセージを送ろうとすると「ブロックされています」と表示される
  • これまでのメッセージのやり取りや通話履歴が削除される
  • プロフィールを覗いた履歴「足あと」が消える
  • 相手のプロフィール情報がほとんど見られなくなる

分かりやすいのは、やはりメッセージや通話機能が使えなくなり、相手と連絡をとる手段がなくなる点ではないでしょうか。

相手からの連絡が来なくなるだけでなく、こちらからもアクションできなくなるため、ブロックされたことには比較的すぐに気が付くでしょう。

相手と何か揉めてしまった場合は分かりやすいですが、特にそのような素振りがないまま連絡が取れなくなってしまう場合もあります。

「もしかしたらブロックされたかも」という場合は、上記の項目をチェックしてみてくださいね。

また、ブロックされた際はお互いの足あとが全て削除されてしまいます。

さらには相手のプロフィールを検索すると、これまでは画像を含め詳しい情報が閲覧できたにもかかわらず、デフォルトの画像や簡単な情報しか見られなくなっているのに気が付くでしょう。

注意したいのは、これらの項目の一部は「相手がペイターズを退会した場合」にも当てはまるということです。

特に揉めた覚えもなく、自然と関係が消滅してしまった場合などは、相手がペイターズを辞めてしまった可能性があります。

「ブロックされた」とショックを受ける前に、相手が退会した可能性も考慮しておくと良いでしょう。

ペイターズ(paters)でブロックしたら相手にバレる?

続いて、相手ではなく自分が特定のユーザーをブロックするケースを想定してみましょう。

何かトラブルがあってブロックを考えている場合でも、できる限り穏便に済ませたい人も多いはず。

相手にブロックしたことがバレないのが一番ですが、残念ながら隠し通すのは難しいでしょう。

まず、ブロックをしたからといって相手に「〇〇さんにブロックされました」という通知が来るわけではありません。

そのため瞬時にブロックがバレることはありませんが、相手が自分にメッセージを送ろうとしたり、プロフィールを検索しようとしたりした場合、以前との変化に気が付いてしまうでしょう。

メッセージを送る際は、明確に「ブロックされています」といった文言が表示されます。

退会したユーザーにもメッセージを送ることはできませんが、このような文言が表示されることはないため、ハッキリとブロックに気が付くことは間違いないでしょう。

さらにはプロフィールで相手の「いいね数」を確認する際、今までは具体的な数字が見えていたにも関わらず「?いいね」と表示されてしまいます。

こちらもブロックしたとき特有の現象となるため、隠し通すのは至難の業。

相手が違和感を覚えて検索してしまうと、本記事のようなブロック特有の現象を紹介した記事も多いため、嫌でも目に留まってしまうはずです。

こちらから誰かをブロックした場合、検索結果に該当のユーザーが表示されることはなくなります。

相手からは簡易的な自分のプロフィールが見えてしまいますが、特定につながる情報や顔写真などは一切公開されなくなります。

今後トラブルにつながる可能性も低いため、安心して引き続き利用を続けてみてはいかがでしょうか。

ペイターズ(paters)でブロックする方法や解除する方法

では、実際にペイターズで相手をブロックする方法を見てみましょう。

たくさんのユーザーがいるペイターズでは、出会う人全てが気に入る異性だとは限りません。

ブロックしなくてはならないほどのトラブルに発展しないことが一番ですが、ストレスなくペイターズを利用するためにも、方法を頭に入れておくと安心です。

相手をブロックする方法

まず、ブロックしたい相手のプロフィールを検索し、右上にある「…」マークをタップしましょう。

「お気に入りに追加する」「違反報告する」に続いて、「ブロックする」という項目が見つかるはずです。

こちらをタップするとブロックの理由を選択する画面になるため、ブロックに至った経緯を選びましょう。

こちらは運営側が参考までに確認する部分であり、相手に知られることはないため安心してくださいね。

また、ペイターズを利用している上で特に気をつけたいのが「知人と会ってしまうかもしれない」という点です。

仮名で登録している人も多いペイターズ上で、万が一にも知り合いに会ってしまうと不都合ですよね。

もしもペイターズを利用している中で知人を見つけてしまったときは、相手の電話番号でブロックすることも可能です。

電話番号を知っている相手であれば、「もしかして」となる前にブロックをしておきましょう。

電話番号でのブロックは、マイページ内にある「設定」から行います。

設定内には「電話番号をブロック」という項目があるため、該当の電話番号を入力しましょう。

ペイターズでは、既にスマートフォンに登録されている電話番号全てをブロックすることも可能。

事前に対処しておくことで、身バレを防ぎ安心して利用できるのが嬉しいですね。

ブロック機能は既にマッチング済みの相手に対してだけでなく、未だやり取りしていない異性に対しても有効です。

嫌な思いを重ねてストレスを溜める前に、ブロック機能を効率的に活用していきましょう。

ブロックした相手を解除する方法

一時相手をブロックしていても、時間が経って「やっぱり解除したい」と感じることもあるでしょう。

そんなときも、ペイターズではブロックの解除機能が備わっているため安心です。

ブロックを解除するには、マイページの「設定」にあるブロックリストを確認しましょう。

中にはこれまでにブロックしたユーザーがリストになって表示されているため、該当の相手をタップし「ブロックを解除」を選択すれば完了です。

ブロックを解除すると、相手はこれまでと同じようにメッセージを送ったり、あなたのプロフィールを確認したりできるようになります。

これまでにトラブルがあった相手のブロックを解除する際は、しっかりと検討した上で行いましょう。

【結論】ペイターズ(paters)のブロック機能を上手く使って楽しくパパ活しよう!

ぺイターズでは、ユーザーがより安心してアプリを利用できるように充実したブロック機能を提供しています。

ブロックの方法もシンプルであり、誰でも気軽に利用できるでしょう。

一般の出会い系アプリに比べ、ペイターズのようなパパ活アプリはお手当の額や内容で揉める可能性が高まります。

必要に応じてブロック機能を使いながら、安心できる相手との出会いを目指してみてくださいね。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!