ペイターズ(paters)のイエローカードとは?自分でわかるか確認する方法も解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
ペイターズ(paters)のイエローカードとは?自分でわかるか確認する方法も解説

パパ活アプリとして定番の「ペイターズ」。

男性・女性共にたくさんのユーザーが登録していることもあり、理想の出会いができると評判のアプリです。

しかし、中には相手のユーザーとうまくやり取りができず、「イエローカード」をもらってしまう人も。

今後の利用が制限されたり、最終的には強制的に退会させられたりしてしまうため、イエローカードをもらわないような利用を心掛けたいですね。

今回はそんなペイターズのイエローカードについて、確認する方法や解除のやり方などをご紹介します。

ペイターズ(paters)の口コミ評判はパパ活アプリの中で良い?相場やパパ活のやり方を徹底解説

読みたいところをタップ!

ペイターズ(paters)のイエローカードとは?

ペイターズはパパ活アプリの中でも運営による整備がしっかりと行われており、使いやすいアプリだといわれています。

素敵な人と巡り会える確率が高いというだけでなく、嫌な思いをした際はきちんと相手ユーザーを報告できるのもポイント。

不適切な利用を繰り返したユーザーにはペナルティとして「イエローカード」が用意されており、相手をブロックするだけでなく利用を制限させることができます。

イエローカードをもらってしまうと、まず一定期間ペイターズを利用できなくなります。

相手へのいいねやメッセージはもちろん、ペイターズそのものを利用できなくなってしまうため、熱心なユーザーにとっては大きな痛手となるでしょう。

もちろんその間にペイターズ上でやり取りしていた相手と連絡がとれなくなるため、自然と関係が消滅してしまう可能性もゼロではありません。

イエローカードがつくとプロフィール上に表示されるため、相手からすれば「イエローカードがついている人とのやり取りはやめよう」とブロックされてしまうこともあるでしょう。

未マッチングユーザーから避けられるだけでなく、既にマッチング済みのユーザーとの関係も悪くなってしまうこと間違いありません。

イエローカードが付与されてしまっても、一定期間経過すれば解除してもらえます。

しかし何度も同じ行為を繰り返していたり、複数回通報を受けたりしていると、イエローカードではなく「強制退会」へと移行されてしまいます。

こちらはいわばレッドカードであり、現在利用しているアカウントを丸ごと削除されてしまうというもの。

これまでのやり取りは全て消えてしまい、二度と復元できないため注意しましょう。

「アカウントを削除されても、また作れば良い」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

しかしペイターズでは電話番号を元にユーザーを判別しているため、ユーザー名などを変えて登録しても新たにアカウントを作ることはできません。

イエローカードをもらってしまったら、強制退会となる前に利用状況を改めましょう。

ペイターズ(paters)のイエローカードを確認する方法

これまでご紹介した内容を見て、「自分にイエローカードがついているかどうか」が気になってきた方も多いでしょう。

まずは自分にイエローカードがついていないかをしっかり確認し、普段の利用状況を振り返ってみるのがおすすめです。

まず、イエローカードを付与されると運営から「お知らせ」が届きます。

アプリではマイページの「お知らせ」から確認できますが、別途登録済みのメールアドレスにも同じ内容が届くため、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

お知らせではイエローカードを付与された日付、そしてどんな理由で付与されたのかが記載されています。

心当たりがある場合は、同じミスをしないよう気をつけてくださいね。

続いて、イエローカードを付与されたユーザーが、周りから見るとどのように表示されているのかチェックしてみましょう。

イエローカードがつくと、プロフィール上の顔写真部分に大きく「この会員は、違反等でイエローカードを受けています」という文章が表示されます。

誰かに検索された際も、イエローカードの有無は見逃せるものではありません。

これまでお付き合いのあるユーザーに隠すのも難しく、誰が見ても分かるようになっているのがポイントです。

多くのユーザーは敢えてイエローカードのついたユーザーと出会いたいとは思わないはず。

必然的に出会いが減ってしまうことに繋がるため、決して軽く捉えない方が良いでしょう。

ペイターズ(paters)のイエローカードがつく理由

相手にとって何か不都合があったり、トラブルを起こしてしまったりした際につく「イエローカード」。

一度でもついてしまうと貴重な出会いをなくしてしまう可能性があるため、イエローカードを避けるためにも原因となるポイントをおさえておきましょう。

ドタキャンや不適切なメッセージで通報されている

イエローカードがついてしまうもっとも大きな理由は、他のユーザーから運営に送られる「通報」です。

ペイターズのようなパパ活アプリでは、不快な思いをした際にお互いが話し合って解決するケースはそれほど多くありません。

自然とブロックされたり、連絡を取らなくなっていったりするだけで済む場合もありますが、あまりにもトラブルが大きい場合は運営に通報されてしまうことも。

急にデートの約束をドタキャンしたり、相手が嫌がるような内容のメッセージを頻繁に送ったりすると通報される確率が高まるでしょう。

もちろん性行為の強要やマルチへの勧誘なども、通報の有無にかかわらず行ってはいけません。

誰かから自分が通報されてしまった場合、運営からお知らせやメールでその旨が送られてきます。

「〇〇という理由で通報されました」など、理由までしっかりと記載されているため、今後の利用に活かしましょう。

多くの場合、一度通報を受けたからといってすぐにイエローカードがついてしまうことはありません。

同じことを何度も繰り返したり、複数のユーザーから同時に通報されたりすることのないよう、内容をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

不適切なプロフィールや晒し行為などの禁止事項に触れている

他のユーザーから通報を受けていなくてもイエローカードがついてしまった、という場合は、ペイターズの禁止事項に触れている可能性があります。

ペイターズは多くのユーザーを守るため、いくつもの禁止事項を定めています。

この内容に触れてしまっている場合、今はまだ普通に利用ができていたとしても、今度重大なトラブルが起こるかもしれません。

このトラブルを防ぐべく、ペイターズでは禁止事項に触れたユーザーにイエローカードを発行しているのです。

プロフィールにて顔写真や経歴などを詐称したり、LINEなど別のサービスで連絡をとるよう強要したりする行為も禁止とされています。

実際に会って容姿を確かめた後、すぐにブロックする「初回荒らし」なども禁止事項に当てはまるため注意しましょう。

ペイターズの禁止事項は細かく豊富に定められているため、頻繁にチェックしておくことをおすすめします。

さらに注意したいのは、ペイターズユーザーの中でも悪質なものを晒す「掲示板」について。

「晒し掲示板」や「X(旧Twitter)」などでは、ペイターズで嫌な思いをした人が特定のユーザーの情報を後悔する「晒し行為」が行われています。

もちろんこれも禁止事項に当てはまるため、仮に嫌な思いをしたとしても晒し行為はせず、運営に通報するようにしましょう。

ペイターズ(paters)のイエローカードを解除する方法

もしも自分にイエローカードが付いてしまったら、どう解除すべきなのでしょうか。

ペイターズでは、一度ついてしまったイエローカードを自分の力で解除することはできません。

一定期間経過した後、自動でイエローカードが外れるのを待ちましょう。

もちろんその間に同じ違反行為をしたり、ユーザーから通報を受けてしまったりすると、イエローカードがつく期間が延びてしまいます。

複数回改善が見られない場合は強制退会もあり得るため、利用には十分注意してくださいね。

「一定期間」がどのくらいなのか、公式から明確な日数は公開されていません。

しかしX(旧Twitter)などで調べてみると、実際にイエローカードを付与されたユーザーが解除までにかかった日数は「10日」であるとの情報が見られます。

全てのユーザーが10日で解除されるとは限りませんが、一つの目安としておくと良いでしょう。

こちらは1回イエローカードを付与された場合となり、複数回の付与や強制退会についてはこの限りではありません。

一定期間が過ぎた後も、イエローカードをもらわずに済むような利用を心掛けましょう。

ペイターズ(paters)のイエローカードでよくある質問

最後に、ペイターズのイエローカードについて頻繁に寄せられる質問をご紹介しましょう。

イエローカードを何度ももらうとどうなる?

イエローカードは、サッカーと同じく「警告」という意味があります。

つまり、「これ以上繰り返すと利用ができなくなります」というもの。

複数回イエローカードがついてしまうと「強制退会」となり、ペイターズの利用を続けることができなくなってしまうでしょう。

イエローカードが付与されている最中に悪質な行為を繰り返すことはもちろん、イエローカードが外された後、再びイエローカードがついた場合も同様です。

運営はどのユーザーが何回イエローカードをもらったのか把握しているため、前回の付与から時間が経っていたとしても、強制退会は免れられないでしょう。

一度退会して再登録すればイエローカードは消える?

イエローカードがついてしまった際、何とか消したいとアカウントを削除するユーザーも珍しくありません。

しかし、退会後に登録をし直したとしても、期間内のイエローカードが消えることはないでしょう。

先ほどご紹介したように、ペイターズではユーザーの判別を電話番号で行っています。

ユーザー名や自己紹介文などを変えても、電話番号が同じであればイエローカードの履歴もしっかり残ってしまうのです。

また、「電話番号を変えればまったく違うアカウントができる」という抜け道にチャレンジするユーザーもいるようですが、こちらもおすすめできません。

ペイターズでは同一人物による複数アカウントの作成を禁止しており、見つかった場合は一度で強制退会となることも。

一定期間が経過するまではトラブルにならないよう注意して過ごし、再びイエローカードをもらうことがないよう注意してくださいね。

イエローカードがあるとマッチングしなくなる?

イエローカードをもらってしまうと、自分のプロフィール上に大きく表示されます。

誰が見ても分かるようになっており、「このユーザーはトラブルを起こしやすい」と判断されやすくなってしまいます。

そのため、必然的にマッチングの確率も下がってしまうこと間違いありません。

イエローカードが表示されている間は、こちらからアプローチをかけても良いマッチングはできないでしょう。

その間はなるべく目立たないように過ごし、イエローカードが外れてから意中の異性にアプローチするのがおすすめです。

【結論】ペイターズ(paters)のイエローカードには要注意!

十分に気をつけていたとしても、相手との相性が悪ければ誰でもイエローカードをもらう可能性があります。

もしもイエローカードが付いてしまった場合は、慌てずに一定期間が経過するのを待ちましょう。

焦ってアカウントを作り直したり、やけになって悪質な行為を繰り返したりしていると、最悪の場合ペイターズが利用できなくなってしまいます。

素敵な出会いを果たすためにも、イエローカードについて普段から頭の隅に入れておくと安心ですよ。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!