シュガーダディ(SugarDaddy)でブロックされたらどうなる?機能や解除など解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
シュガーダディ(SugarDaddy)でブロックされたらどうなる?機能や解除など解説

シュガーダディでブロックをされた場合・ブロックをした場合にどのようなことが起こるのか、ブロックを設定・解除する方法、ブロックされないようにするコツについて詳しく解説します。

シュガーダディでは迷惑な相手を簡単にブロックすることができますが、逆に自分がブロックされてしまう可能性もあります。

快適にパパ活をするためにも、シュガーダディのブロックに関する役立つ情報を確認しておきましょう。

読みたいところをタップ!

シュガーダディ(SugarDaddy)でブロックされたらどうなる?

シュガーダディで相手からブロックされると、具体的にどのようなことが起こるのかを詳しく説明します。

ブロックされた相手に連絡できなくなる

もし相手からブロックされると、その人とはシュガーダディ内で一切メッセージのやり取りをすることができなくなります。

メッセージを送ろうとすると、画面に「お相手の都合によりメッセージを送ることができません。」という文章が出てきてしまい、そこから先に進むことができません。

相手がブロックを解除しない限り連絡を取ることが不可能な状態となります。

相手のプロフィール写真が見れなくなる

「足跡」や「気に入られている」リストには残る

シュガーダディでやり取りしていた相手からブロックされても、「足跡」や「気に入られている」リストからその相手が消えることがありません。

履歴やリストに残っているからといってブロックされていないと判断することはできません。

自分の気づかないうちにブロックされている可能性もあります。

ブロックされているかどうかを確認したい場合は、メッセージの画面を開いてその相手に送信できるかどうかを試してみるとわかります。

相手を通報できなくなる

シュガーダディでは、自分をブロックした相手を通報することができません。

もし相手から嫌がらせをされたり何らかの被害を受けたりした場合、先に相手が自分をブロックしてしまうと通報できなくなってしまいます。

嫌な思いだけをして泣き寝入りするしかないのかというと、そんなことはありません。

もし悪質なユーザーにブロックされてしまった場合は、運営に連絡することで対処してもらうことができます。

シュガーダディの公式サイトの「ヘルプ」のページを開き、「解決しない場合」の下にある「お問い合わせ」を開いて運営に連絡をすることが可能です。

シュガーダディ(SugarDaddy)でブロックするとどうなる?

シュガーダディで特定の相手をブロックすると、具体的にどのようなことが起こるのかを詳しく説明します。

相手にはブロックしていることがバレる

シュガーダディで特定のユーザーをブロックしたとしても、その人にブロックしたことを直接的に伝えるような通知が届くことはありません。

ただし、相手が自分にメッセージを送ろうとすると、画面に「お相手の都合によりメッセージを送ることができません。」というメッセージが表示され、その時にブロックされたことに気づかれてしまいます。

そのため、これまでやり取りをしていた相手をブロックするといずれはバレてしまう可能性が高いです。

メッセージに既読がつかなくなる

シュガーダディでブロックした相手にメッセージを送ることは可能です。

しかし、ブロックした相手は自分から送られたメッセージを見ることはできない状態にあるので、既読がつくことはありません。

そもそも、やり取りをしたくないからブロックするのであって、メッセージを送る必要もなければ既読にならないからといって困るわけでもありません。

ただ、うっかり間違えて気づかないうちに相手をブロックしているというケースもあり、送ったメッセージにいつまでも既読がつかないというケースもありえます。

もしいつまでも送ったメッセージに既読がつかない場合には、相手をブロックしていないかマイページのブロックリストを見て確認してみましょう。

自分の足跡はそのまま残る

シュガーダディでブロックした相手のプロフィールを閲覧すると、自分の足跡が残ってしまいます。

ブロックをしているのにプロフィールをチェックしたことを相手に知られてしまうので、相手のことをまだ気になっていると期待されてしまったり、ブロックしたくせにわざわざ閲覧していることを疑問に思われる可能性があります。

もうきっぱりと関わるのをやめたい相手なら、プロフィールはむやみに閲覧しない方がいいでしょう。

男性はプレミアム会員に限り、ステルスモードを利用して足跡を残さずにプロフィールの閲覧をすることが可能ですが、女性は足跡は必ず残ってしまいます。

ブロックを解除することもできる

シュガーダディでなんらかの事情があり特定の相手をブロックしても、後から解除することも簡単にできます。

もし、今だけやり取りをやめたいけれど完全に連絡を断つのは悩んでしまう、という場合はとりあえずブロックしてみるというのもひとつの方法です。

また、ブロックをしてしまった相手とまた連絡を取ってみたいと考えた時にはすぐにブロックを解除することも可能です。

ただし、相手にはブロックしたことがバレている可能性が高いので、「間違えてブロックしていた」などという言い訳を用意してしっかり謝罪をすることが必要です。

シュガーダディ(SugarDaddy)のブロックの使い方

シュガーダディのブロック機能の使い方についてわかりやすく説明します。

相手をブロックする方法・ブロックを解除する方法のそれぞれを確認してください。

相手をブロックする方法

1.シュガーダディの公式サイトにログインする

シュガーダディの公式サイト(https://sugardaddy.jp/)にアクセスし、ログインページを開きます。

電話番号またはメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

2.ブロックしたい相手のプロフィールを開く

ブロックしたい相手のプロフィールを画面に表示します。

3.「ブロックする」をタップする

プロフィールのページの最下部に「ブロックする」というボタンがあります。(隣に「通報する」のボタンがあります。)

この「ブロックする」をタップすれば完了です。

ブロックを解除する方法

1. シュガーダディの公式サイトにログインする

シュガーダディの公式サイトにアクセスし、ログインページを開きます。

電話番号またはメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

2.マイページを開く

マイページを開き、「その他」を選択します。

3.「ブロック」を開く

表示された項目の中から「ブロック」をタップします。

4.ブロックリストから解除する相手を選択する

現在ブロックしている相手のリストが表示されるので、ブロックを解除したい相手を選択します。

5.「ブロック解除」をタップする

相手のプロフィールページを開き、「ブロック解除」をタップすれば解除が完了し、再びやり取りができる状態になります。

シュガーダディ(SugarDaddy)でブロックされないようにするコツ

シュガーダディで相手からブロックをされてしまうと、メッセージのやり取りなどが一切できなくなってしまいます。

そのような事態を避けるためのコツをアドバイスします。

相手を不快に思うことは言わない

シュガーダディでブロックされてしまう場合、相手を不快な気持ちにさせてしまったという理由があることが多いです。

たとえば、まだ親しくないうちに敬語を使わずに最初からタメ口のメッセージが来ると嫌な気分になる人もいます。

他にも、やたらと自慢話ばかりで人を見下すような態度や悪口なども嫌われやすいです。

女性の場合は露骨にお金の話ばかりをしたり、パパ活慣れしているような発言をすると男性から引かれてしまいます。

ブロックをされたくないのであれば、マナーを守り思いやりのある姿勢を見せましょう。

強引に連絡先を聞かない

シュガーダディでは、手っ取り早く会いたいからとすぐにLINEやメールアドレスを聞き出そうとする人もいます。

しかし、まずはある程度シュガーダディ内でメッセージのやり取りをしてから連絡先を交換したいという慎重派の人もいます。

そのような相手に連絡先の交換を強要したり、しつこく聞き出そうとすると、自分の気持ちに全く寄り添ってくれない身勝手な人だと判断されてブロックされてしまう可能性があります。

いきなり最初から連絡先を聞き出そうとはせずに、まずはメッセージをやり取りして信頼関係を築きましょう。

ちゃんと約束を守る

デートのドタキャンをするなど約束を守らない人は、同じことを繰り返す可能性があると判断されてブロックされやすいです。

また、男性の場合は約束したお手当を払わないとそれ以降の付き合いはしなくないと思われてブロックされてしまう可能性が高いです。

信頼関係を築くために約束は必ず守ることを心がけてください。

万が一急用や体調不良などで約束していた日のデートができなくなった場合は、できるだけ早めに連絡を入れ、事情を説明し誠意をもって謝ることが大切です。

できる範囲で相手の条件を受け入れる

自分の希望の条件でお付き合いをしたいからと言って、相手の提示する条件を一切受け付けない姿勢を見せると、相手にメリットはなくなるのでもうやり取りをやめるためにブロックされてしまいます。

相手の提示する条件の全てを受け入れる必要はありませんが、歩み寄る態度を見せることは大切です。

たとえば、お手当の金額が譲れないのであれば会う曜日や頻度は相手の希望を受け入れるようにする、などできる限り条件を受け入れることで相手も納得してくれることが多いです。

無理に関係を求めない

パパ活では食事やデートのみで体の関係はなしにしたい、と希望する女性も多いです。

特にシュガーダディでプロフィールの設定が「まずは食事から」になっている女性は体の関係を希望していない可能性が高いです。

そのような女性に無理に体の関係を求めると、嫌がられてブロックされることが考えられます。

最初は体の関係なしでも、お付き合いをしていくうちに信頼関係が芽生えてOKしてくれることもあります。

まずは食事やデートを楽しむ時間を過ごすところから始めましょう。

シュガーダディ(SugarDaddy)のブロックでよくある質問

シュガーダディのブロックに関してよくある質問と回答をまとめました。

当てはまる疑問があれば回答を参考にして解決してください。

ブロックされたかどうか確認する方法は?

相手にメッセージを送れるかどうか確認してみましょう。

メッセージを送信しようとした際に、「お相手の都合によりメッセージを送ることができません。」という文章が表示された場合はブロックされていることがわかります。

退会とブロックはどうやって見分ける?

シュガーダディでは、相手が退会した場合は「この会員は退会済みです」と表示されます。

それに対してブロックされている場合はそのような表示はない代わりに、メッセージを送ろうとすると「お相手の都合によりメッセージを送ることができません。」という文章が表示されます。

男性のメッセージが消えた!ブロックに関係ある?

シュガーダディには身バレ対策のステルスモードがあり、男性側がこれを設定した場合メッセージが消えるという現象が起こります。

ブロックはされたわけではないので、相手がまたステルスモードをOFFにすればメッセージのやり取りを再開できる可能性はあります。

【結論】シュガーダディ(SugarDaddy)ではブロックされないように注意しよう

シュガーダディのブロックについての情報をまとめました。

ブロックは簡単に設定・解除することができる便利な機能でもあります。

迷惑行為をする相手や関わりを断ちたい相手に設定することができます。

ただし、逆に自分がブロックされると、相手とのやり取りができなくなるためパパ活のチャンスを逃してしまいます。

男性とメッセージのやり取りやデート・交渉をする場合には、ブロックをされやすい行動をしないようにすることが大切です。

特に相手を不快にさせる言動や約束を守らないなど、他にも相手の嫌がることをすることのないように気をつけましょう。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!