シュガーダディ(SugarDaddy)が再登録できない原因や対処法を解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
シュガーダディ(SugarDaddy)が再登録できない原因や対処法を解説

男女問わず人気のパパ活アプリとして、近年注目を浴びているシュガーダディ(SugarDaddy)

素敵な異性を見つけたい人、他のパパ活アプリで上手くいかなかった人など、多くのユーザーが登録しています。

今回はそんなシュガーダディを利用する上で必ずチェックしておきたい「再登録」についてご紹介しましょう。

再登録は、何かトラブルがあったり、なかなか使わなくなってしまったりしてシュガーダディを退会した後、もう一度利用するために行う手続きのこと。

中にはうまくできない方もいるため、方法やメリット・デメリットと共に確認していきましょう。

読みたいところをタップ!

シュガーダディ(SugarDaddy)を再登録できない原因

以前シュガーダディを利用していた方で、もう一度再開するために登録しようとしたらできなかった、というケースも珍しくありません。

もしも登録画面がうまく進まなかったり、エラー画面が表示されたりした場合は、以下の原因に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

以前のアカウントがまだ退会できていない

以前のアカウントを退会したと勘違いしていて、きちんと処理できていなかった場合、再登録を行おうとしても上手くできないでしょう。

中でも多いのが、「退会」と「ログアウト」を間違えているケース。

「この電話番号は既に登録されています」と表示された場合は、まだアカウントが残っていることが分かります。

ログアウトをしたまま放置されたアカウントがある場合は、再度電話番号とパスワードを入力すれば利用を再開できますよ。

パスワードが分からなくなってしまった場合は、ログイン画面の「パスワードを忘れた方はこちら」から、電話番号を入力し再設定を行いましょう。

仮に心機一転、新しいアカウントで利用を始めたい場合は、一度既存のアカウントを退会するところからスタートします。

今まで使っていた電話番号は登録できなくなるため、新たな番号を用意してくださいね。

以前のアカウントで強制退会を受けた

自らシュガーダディを退会した場合、再登録を行うのはそれほど難しいことではありません。

しかし、退会理由がトラブルによるものであったり、運営から強制退会を受けていたりすると、情報が残っており再登録に支障が出る場合があります。

運営から強制退会となる場合、以下のような理由が考えられます。

  • 売春を思わせるような内容を投稿した
  • 暴力的な発言があった
  • 別のサービスへ誘導する内容を投稿した
  • シュガーダディの定めるNGワードを3回以上投稿した
  • その他ユーザーに迷惑をかける行動があった
  • 他ユーザーから複数回通報を受けた

強制退会となった場合、その詳しい理由が明かされることはありません。

不服がある場合、運営に申し立てをしても強制退会が解除される可能性は低いといえるでしょう。

強制退会になると運営から措置について告げるメッセージが表示される上、その後再度ログインしてみると、引き続き利用できなくするために画面が真っ白になるケースもあるようです。

これまでのやり取りを続けることはもちろん、メッセージの履歴なども全て確認できなくなるため注意しましょう。

強制退会後は、電話番号やパスワードを変更してもシュガーダディに再登録することはできません。

同じようなサービスを受けられる別のパパ活アプリを探すのがおすすめです。

再登録できる期間を過ぎていない

シュガーダディでは、以前のアカウントを解約した後、間髪入れずに別のアカウントを作ることはできません。

最低でも解約から7日経過していなければ、再登録ができないため注意しましょう。

解約時に届いたメールをとっておくなどして、再登録の時期をイメージしておくと安心です。

シュガーダディ(SugarDaddy)を再登録するやり方

それではさっそく、シュガーダディを再登録するための流れをご紹介しましょう。

  1. シュガーダディの公式HPから「新規登録」を選ぶ
  2. 以前のアカウントとは異なる電話番号を入力する
  3. 任意のパスワードを入力する
  4. 電話番号に届く確認コードを入力する
  5. 性別や生年月日などの個人情報を入力する
  6. 登録完了の画面を確認する

シュガーダディでは「再登録」という項目がないため、初回と同じように新規登録画面から始まります。

注意しておきたいのは、運営は電話番号ごとにアカウントの情報を管理しているということ。

解約時の電話番号は使用できないため、別のものを用意しましょう。

2022年6月以前のシュガーダディでは、メールアドレスのみの登録が可能だったため、再登録の際は別のメールアドレスを用意するだけで済みました。

しかしそれ以降のアップデートでは電話番号の登録が必須となり、より一層ユーザーの管理体制が厳しくなったことが分かります。

その後、パスワードや確認コード、個人情報の入力欄は新規登録のときと変わりません。

体型や職種などは後からでも変更できますが、「性別」「ニックネーム」「生年月日」の3項目は変更できないため、間違いのないように入力してくださいね。

また、仮に入力情報を間違えてしまうなどして、再度解約から再登録を行いたいと考えることもあるでしょう。

シュガーダディでは、自主的な理由で退会を行った場合の再登録について、特に回数制限を設けていません。

電話番号が複数必要になる点には注意が必要ですが、一度再登録したからといってその後一切やり直しができないわけではないことを覚えておきましょう。

シュガーダディ(SugarDaddy)を再登録するメリット

シュガーダディの再登録方法が分かったところで、そもそも再登録を行う際のメリットにはどんなものがあるのかご紹介します。

新たな気持ちでスタートできる

既存のアカウントで何かトラブルがあったり、上手く出会いがなくて悩んでいたりするユーザーも多いもの。

何とか巻き返しを図りたいと頑張るのも良いですが、新たな気持ちでスタートするために再登録を選ぶのも一つの方法です。

再登録の際はプロフィール画像や自己紹介文なども設定し直すこととなるため、より良いプロフィール作りに時間をかけられるのも嬉しいですね。

これまでのプロフィールでは素通りしてしまった人も、新たなアカウントにすることでマッチングできるかもしれません。

今までの関係をリセットできる

シュガーダディを解約・再登録する場合、既存のアカウントでマッチングしたユーザーの情報やメッセージのやり取り、いいねした履歴などは全て消えてしまいます。

今までの関係を全てリセットし、新たなユーザーとして始められるのも、再登録のメリットといえるでしょう。

以前のやり取りの中で何かトラブルがあったり、嫌な思いをしたりといった経験がある場合、その履歴が残っているだけでスッキリしない気持ちになりますよね。

既に該当ユーザーとのやり取りが終わっていても、モヤモヤした気持ちのままでは良い出会いを逃してしまうかもしれません。

心機一転、新たな出会いをつかむためにも、再登録が役立つことでしょう。

新規アカウントとして注目される

シュガーダディでは、ユーザーを検索する際に「オンライン中」と「NEW」の2種類が優先的に表示されるようになっています。

オンライン中のユーザーはリアルタイムで連絡を取りたいときに便利ですが、「NEW」と表示される新規登録者は、まだ出会いが少なく狙い目のユーザーでもあります。

これは解約後再登録した際も同じ表示となるため、多くのユーザーから新規アカウントとして注目してもらえるでしょう。

登録からかなりの時間が経過し、プロフィールが埋もれてなかなか見つけてもらえないといった悩みを持つ方にとっても、再登録が有効といえるでしょう。

シュガーダディ(SugarDaddy)を再登録するデメリット

メリットがたくさんあるシュガーダディの再登録ですが、一部デメリットも存在します。

後々困ってしまわないように、注意点についても確認しておきましょう。

新たに電話番号を用意しないといけない

先ほどもご紹介したように、シュガーダディの登録には電話番号が必須です。

以前から利用している方の中には、メールアドレスだけで利用できた頃が便利だったと感じる方も多いですが、これまでにトラブルを起こしたユーザーの再登録を防ぐためにも必要な措置といえるでしょう。

運営側は電話番号でユーザーを判断しているため、過去のトラブル情報は全て電話番号に登録されています。

解約後新たにアカウントを作る際は、別途新たな電話番号を入手しましょう。

再登録の際は電話番号に確認コードが送信され、本人確認をしなければなりません。

そのため、適当な番号や使い捨ての電話番号を利用するのはおすすめできません。

プロフィールを一から作り直さないといけない

アカウント作りでもっとも時間を消費するのは、プロフィール作成ではないでしょうか。

せっかく細かいところまで丁寧に作ったプロフィールでも、解約時には全て消えてしまいます。

適当なプロフィールであってもシュガーダディの利用はできますが、豊富なユーザーの中からマッチングしたいと思ってもらうためには、文章や画像はしっかりと考えて作り込むことをおすすめします。

明るい内容でありながら、フランクになり過ぎない丁寧な文章を心掛けてみてくださいね。

ブロックや関係を終わらせた男性にも見られてしまう

シュガーダディでは、一度ブロックした異性は再度検索に表示されなくなります。

何かトラブルがあったり、これ以上関わりたくないと感じたりした場合は、サッとブロックしてしまうのが良いでしょう。

しかし既存のアカウントで誰かをブロックしても、解約した途端その情報は消えてしまいます。

再登録したアカウントにこれまでの情報は一切受け継がれないため、ブロックしたはずのユーザーと再度やり取りが始まる可能性もゼロではないのです。

もちろん相手のアカウントには、あなたの情報が新規ユーザーとして表示されるようになります。

既存のアカウントを解約する前にどうしても避けておきたいユーザーの情報を控えておき、再登録後はなるべく早くブロックすると安心ですね。

シュガーダディ(SugarDaddy)の再登録でよくある質問

最後に、シュガーダディの再登録について寄せられやすい質問をご紹介します。

シュガーダディ(SugarDaddy)の再登録はばれる?

新たな電話番号でシュガーダディへ再登録すれば、他のユーザーにばれることはほぼないでしょう。

しかし、これまでにあったトラブルを再度繰り返したり、以前のアカウントと変わらないプロフィール情報を登録したりすると、同一人物であることがばれやすくなります。

特にプロフィール画像やニックネームは以前と大きく異なるものを用意し、改めてNGワードややってはいけない行為などを確認しておくのがおすすめです。

また、運営側は本人確認の段階で個人を判別できるため、以前トラブルを繰り返していたユーザーが再登録してもばれてしまう可能性が高いでしょう。

強制退会とはいかなくても、通報回数が多い方などは利用方法を見直す必要があるといえます。

シュガーダディ(SugarDaddy)の再登録に電話番号は必要?

シュガーダディでは、2022年6月のアップデートより登録に電話番号が必要となりました。

そのため、再登録の際は以前と違う電話番号が必要となります。

SIMカードを2つもつ「デュアルSIM」を利用したり、そもそもの電話番号を変更したりと手間が発生する点に注意しておきましょう。

シュガーダディ(SugarDaddy)のアカウントを複数持ってもいい?

シュガーダディでは、同一人物による複数のアカウント所持が禁止されています。

仮に別の電話番号を用意しアカウントを作ることになっても、以前のアカウントは解約しておく必要があります。

運営にばれるとその瞬間に強制解約となる可能性も高いため、2つ以上のアカウントを使い回すことはやめましょう。

【結論】シュガーダディ(SugarDaddy)の再登録を確実にするなら新しい電話番号を用意しよう

今回はパパ活アプリ「シュガーダディ」でアカウントの再登録をする方法や、メリット・デメリットについてご紹介しました。

再登録には新しい電話番号が必要となるなど、少し手間がかかるのが現実。

解約から再登録をスムーズに行うために、今回ご紹介した情報を参考にしてみてくださいね。

再登録時は、

  • 電話番号を別途用意する
  • プロフィール画像や自己紹介文を大きく変える
  • これまでのアカウントでブロックしたユーザーを控えておく

などの点に注意し、安心して利用できるよう準備することをおすすめします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!