シュガーダディ(SugarDaddy)にはサクラや業者がいる?危険な目に遭わないための見分け方とは

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
シュガーダディ(SugarDaddy)にはサクラや業者がいる?危険な目に遭わないための見分け方とは

シュガーダディにサクラや業者はいるのかという疑問を持っている人に、すっきり解決できるような情報を紹介します。

結論から述べると、シュガーダディにはサクラはいませんが業者はいます。

  • シュガーダディにサクラがいない理由
  • シュガーダディにいる業者の種類と手口
  • 業者の特徴と見分け方
  • 業者に出会った場合の対処法
  • シュガーダディにいる危険人物について

上記の内容について詳しく説明するので、シュガーダディで安全にパパ活をしたい人はしっかり読んでおいてください。

読みたいところをタップ!

シュガーダディ(SugarDaddy)にはサクラがいないけど業者がいる

シュガーダディにはサクラはいませんが業者は紛れ込んでいます。

そもそも「サクラと業者の違いって何?同じじゃないの?」という疑問を持つ人のために、まずはサクラと業者の違いについて説明します。

【サクラ】

サクラというのは、出会い系アプリ・サイトの運営会社が雇っている人で、一般の会員になりすまして他の会員とやり取りをしようとします。

運営会社がサクラを雇う目的は、会員数を多く見せたり魅力的な会員がいると思わせることだけではありません。

特に、課金が必要な男性会員に対して女性のサクラとメッセージのやり取りをさせることで、課金をさせたり有料プランを契約させたりする目的があります。

当然、いくら課金をしてサクラをやり取りしても実際に会うことはできません。

【業者】

業者とは、金儲けや詐欺などを目的として出会い系アプリ・サイトを利用しようとする悪質なユーザーです。

サクラとの違いは、アプリ・サイトの運営会社は無関係であること、外部のアプリ・サイトに誘導しようとすることです。

業者は出会いを目的として活動している会員ではないので、いくらやり取りをしても自分の希望するようなお付き合いに発展することはありえません。

それどころか、やり取りを続けていると金銭を騙しとられたり個人情報を盗まれるという被害に遭う可能性が高いので、関わることのないようにくれぐれも注意が必要です。

このように、サクラと業者は出会い系アプリ・サイトの話をする時に同列で挙げられることが多いですが、実は特徴や目的は全く異なります。

シュガーダディにはサクラはいないのでその点は他のマッチングアプリなどと比べると安心ですが、業者はどのアプリ・サイトにも潜んでいるのでしっかり見極める必要があります。

シュガーダディ(SugarDaddy)にサクラがいない理由

一般的に出会い系アプリ・サイトによくいると言われているサクラが、なぜシュガーダディにはいないのでしょうか。

その理由について詳しく説明します。

サクラを使っても売上を上げられない

サクラを雇うアプリ・サイトというのは、他の会員とやり取りをするためにポイントを購入させたり課金させたりすることを目的としています。

しかし、シュガーダディはポイント制・課金制ではなく定額制(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月)の料金システムとなっているので、男性会員が女性会員とたくさんやり取りをしてもその都度課金が増えるわけではありません。

つまり、わざわざサクラを雇っても運営側の売上がアップするということはないので雇う意味がないのです。

女性会員がたくさんいるため

サクラを雇うアプリ・サイトは、会員数を多く見せて人気を集めるためにサクラを使う目的もあります。

たくさん会員がいると思わせることができれば、それだけ出会いのチャンスがあると期待して会員数を増やすことができ、売上につながるからです。

しかし、シュガーダディはその点ではわざわざサクラを雇う必要がありません。

なぜなら、シュガーダディは2014年からスタートした老舗のパパ活サイトであり、公式には発表されていないものの累計会員数は170万人を超えているとも言われていて、業界トップクラスの実績・最大規模の会員数を強みとしているからです。

さらに、会員の男女比は3:7と最初から女性の割合が高いため、サクラを雇わなくても男性会員が女性会員とマッチングしやすい状況にあります。

運営会社の信用がなくなるから

サクラを雇うことのデメリットとして、会員から「このサイトにはサクラがいる」という噂が広まってしまうことが挙げられます。

昔よりも、ネット上では悪い評判が広がりやすく目にしやすいので、サクラがいるサイトは避けられて利用者がいなくなってしまいます。

業界トップクラスの実績と会員数を誇るサイトであるシュガーダディが、わざわざメリットもないのにサクラを雇い、信頼を失うリスクを冒すことはありえません。

シュガーダディ(SugarDaddy)に潜む業者の種類

シュガーダディには業者がいると説明しましたが、業者にはさまざまな種類があります。

どのような目的で利用している業者がいるのかを、パターン別に詳しく説明します。

援デリや風俗への誘導

シュガーダディには、援デリや風俗への誘導を目的としている業者がいます。

援デリ業者というのは、援助交際をしてお金を稼ぎたい女性と出会い系アプリ・サイトにいる男性会員を斡旋する業者のことです。

一般的な風俗店とは異なり届出を出さずに女性を紹介するという、売春禁止法や風営法に反する行為をしています。

業者から紹介された女性とトラブルになっても泣き寝入りするしかなく、未成年である女性を年齢を隠して紹介されることもあり、知らずに関係を持って逮捕されるリスクもあります。

また、ターゲットにされるのは男性会員だけではなく、お金を稼ぎたいパパ活女子を違法な風俗店に勧誘しようとする業者もいます。

ぼったくり店への誘導

シュガーダディにいる業者は、女性を使って会員の男性をぼったくり店に誘い出すという手口も使うことがあります。

女性から連れて来られたお店でお酒を飲んだり、ちょっと食事をして過ごしただけで数万円から数十万円ものありえない代金を請求されるというパターンです。

拒否しようとしても、怖い男性が登場してお金を脅し取られることになります。

誘い出した女性は店側の仲間であり、後から報酬をもらうケースが多いです。

パパ活サイトを使ったことを人に言えないという男性は、周りの人や警察などにも相談できずに泣き寝入りするしかありません。

仮想通貨やFXを勧誘する詐欺業者

シュガーダディで出会った女性とメッセージのやり取りを始めると、セミナーに勧誘されるというケースもあります。

「仮想通貨を使って儲けられる話がある」「FXで投資をすれば利益を得ることができる」などという話を持ちかけてきます。

魅力的な女性からこのような話を持ちかけられるとつい信じてしまったり、会ってみたい気持ちからとりあえず話を聞くことにしてしまう男性もいます。

しかし、実際には女性と付き合うことも儲けることもできず、詐欺業者にお金や個人情報を盗まれるという被害に遭ってしまいます。

マルチやネットワークビジネス業者

シュガーダディだけでなく多くのマッチングアプリで増えているのが、マルチ商法やネットワークビジネスに勧誘する詐欺です。

自分が会員になってさらにたくさんの会員を増やすことで利益や報酬が得られるといううまい話を持ちかけますが、初期費用などで高額のお金を払わされて結局借金だけが残る、というパターンです。

このような目的を持つ業者は、会って話を早く進めたいという考えがあるので、メッセージのやり取りをほとんどしないうちからすぐに会おうと誘ってくるのが特徴です。

当然実際にパパ活をする気はないので、普通なら会う前に少しは話題に出てきそうなお手当や条件の話が一切出てこないのが特徴です。

宗教への勧誘

シュガーダディなどのマッチングアプリを使って宗教への勧誘を行う業者もいます。

他の詐欺を目的とした業者のように、ビジネスやお金に関するワードが出てこないので、最初のうちはなかなか業者であることを、見極めることが難しいのが特徴です。

魅力的な女性とマッチングできたと喜んでいたら、実は宗教の勧誘が目的だったというケースはよくあります。

いい雰囲気でメッセージのやり取りをして、いざカフェなどで会って話をしていると、本題である宗教の勧誘が始まります。

そのうち、複数人の仲間が現れて同席し熱心に勧誘をされ、逃げられない状況に追い込まれるパターンも多いです。

個人情報を狙う業者

シュガーダディには、個人情報を収集して外部に売ったり悪用したりする業者が潜んでいることがあります。

このような業者は、メールアドレスやLINEのIDといった連絡先を聞き出すのが狙いです。

最初はシュガーダディ内でメッセージのやり取りをしてから連絡先を交換するのが基本の流れですが、出会ってからすぐに「直接メールをしたいからアドレスを教えてほしい」「LINEでやり取りしたい」などと持ちかけてきます。

魅力的な相手だとすぐに親密になれることを期待してつい応じてしまいがちですが、危険なのですぐに連絡先を教えないように気をつけることが必要です。

シュガーダディ(SugarDaddy)にいる業者の見分け方

シュガーダディにいる業者を見分けることができる方法について詳しくアドバイスします。

プロフィール画像が容姿端麗でセクシー

シュガーダディにいる業者の特徴は、プロフィール画像が芸能人やモデル並みに美人であることです。

また、男性からの関心をひきつけるために、露出度の高い服を着ていたり、胸の谷間やボディラインを強調している写真も多いです。

シュガーダディでそのような女性と出会っても素人ではないと考えて避けた方が無難です。

あまりにも容姿端麗な女性やセクシーさを全面に出しているような女性からアプローチをされた場合は、特に警戒して反応を見せないようにしてください。

自己紹介文にビジネスやポジティブなワードが多い

シュガーダディにいるビジネスへの勧誘を目的とした業者の特徴は、自己紹介文が基本的に長文であり、やたらとポジティブなワードがたくさん使われているのが特徴です。

夢やお金などといった言葉や、ビジネスや投資、不労所得など一般の人が自己紹介文で使わないような用語がよく含まれています。

また、自己評価が高く自分が充実した生活を送っていることをアピールしていることが多いです。

そもそも、金銭的に余裕があり満たされている女性はパパ活などしないので、このようなハイスペックな女性がシュガーダディに登録していること自体が不自然だと考えられます。

プロフィールやメッセージでアダルトワードをよく使う

シュガーダディにいる業者は、容姿の良さをアピールしてくる他に自己紹介文やメッセージでアダルトな表現をよく使うのが特徴です。

男性の多くは体の関係を期待させられるとつい興味をひきつけられてしまいます。

「スリーサイズは〜で巨乳です」「こんなプレイをしてみたいです」「性欲が強いです」などといったアダルトな言葉で誘惑してくる女性は、パパ活目的で登録している女性ではなくほぼ業者だと考えて関わらないようにしましょう。

すぐに会うように迫ってくる

とくにマルチ商法や宗教の勧誘を目的とした業者は、ほとんどメッセージのやり取りをしないうちにすぐに会う約束をしようとするのが特徴です。

できるだけ早く会って、契約や入会に話を進めたいので向こうから積極的にデートの誘いを持ちかけてきます。

こちらから、もう少しメッセージでお互いを知ってから会いたいなどと伝えても、近日中に強引に会おうと空いている日を聞き出してきたりします。

普通は女性の方も見ず知らずの男性と会うことには慎重になるものですが、業者はそのような様子は一切ありません。

別サイトへ誘導する

お金を騙し取ることや個人情報を盗むことを目的としている業者は、シュガーダディでのやり取りをせずにすぐに外部のサイトに誘導しようとします。

見知らぬサイトのURLを送ってきてそこにアクセスするように指示してきたり、外部のサイトに登録させてそこでやり取りしようとします。

話に乗って外部サイトに登録してしまうと、登録料などお金を支払わせられたり、個人情報を悪用されたりします。

シュガーダディで本当にパパ活をしようと考えている女性は、わざわざ他のサイトに誘導することはありません。

待ち合わせの時間や場所を細かく指定される

詐欺業者は待ち合わせの時間や場所を一方的に決めて、時間や場所もやたらと細かく指定してきます。

こちらから他の場所や時間変更を提案しても頑なに向こうから指定してくることがあります。

なぜなら、詐欺目的の場合は仲間を呼ぶ計画をしていることがあるので事前に打ち合わせをしているからです。

時間を分単位で細かく指定されたり、自分が行ったことのないような場所に来るように言われたら警戒する必要があります。

人気のない場所は特に危険なので応じないようにしましょう。

シュガーダディ(SugarDaddy)で業者に出会った場合の対処法

シュガーダディでもし業者に出会ってしまった場合も、以下の対処法を実践することで危険を回避することができます。

やり取りをせずに無視する

シュガーダディでもし業者と思われる女性からメッセージが来たら、やり取りをせずに無視するようにしてください。

無視を続ければ詐欺の被害に遭うことはありません。

逆に何らかの返信をしてしまうと、関心がある・見込みアリだと判断されてそれ以降もますますしつこくメッセージが送られてきます。

「業者ではないのですか?」という質問をしたとしても肯定するはずがないので無意味ですし、無視が一番です。

業者はとにかくメールアドレスやLINEのIDなどの個人情報を聞き出そうとしたり、すぐに会って話をしようと誘ってきますが、「少しだけなら…」と応じることは絶対にやめましょう。

何度メッセージが送られてきても一切返信をせずにいれば、業者も関心がないのだといずれあきらめてメッセージを送ってくることもなくなります。

ブロックする

シュガーダディには、やり取りをしたくない相手をブロックする機能があります。

もししつこくメッセージを送ってくる業者と思われる人がいたり、メッセージのやり取りをしている最中に業者だと気づいてしまった場合には相手をブロックすることをおすすめします。

ブロックした相手は自分にメッセージを送ることができなくなります。

シュガーダディで特典の人をブロックした場合、相手に直接的にブロックをしたことを知らせる通知は届きませんが、ブロックされた相手にメッセージを送ろうとすると「お相手の都合によりメッセージを送ることができません。」という文章が画面に表示されます。

そのため、相手にもブロックしたことがわかります。

ブロックをすることで「これ以上メッセージを送らないでほしい」「やり取りをするつもりがない」というアピールをすることができます。

ここまですれば、業者はあきらめて他のターゲットを探そうとするはずです。

【シュガーダディでブロックをする手順】

①シュガーダディのサイトにアクセスしてログインをする。

②ブロックしたい会員のプロフィールを開く。

メッセージの履歴などから相手のプロフィールページを開きましょう。

③「ブロックする」をタップする。

画面の下の方までスクロールするとボタンが出てきます。

このように簡単な手順でできるので、業者と思われる会員からメッセージが来た場合はすぐにブロックをしましょう。

運営に通報する

シュガーダディには、悪質な行為を行う会員を運営に通報する機能があります。

ブロック機能と同様に簡単に行うことができます。

【シュガーダディで通報する手順】

①シュガーダディのサイトにアクセスしてログインをする。

②ブロックしたい会員のプロフィールを開く。

メッセージの履歴などから相手のプロフィールページを開きます。

③「通報する」をタップする。

画面の下の方までスクロールすると「ブロックする」のボタンの隣に「通報する」のボタンが出てきます。

シュガーダディで1人の会員が通報できるのは5回までです。

異性の会員からの通報が一定の回数を超えると強制退会となるシステムです。

業者は他の会員にも迷惑行為をしている可能性が高いので、通報をすることが業者を排除することにつながります。

シュガーダディ(SugarDaddy)で見る危険人物

シュガーダディには業者以外にも危険人物がいます。

どのような行為をするのか、タイプ別に詳しく説明します。

ドタキャン

シュガーダディには時々男女ともにドタキャンをする迷惑なユーザーがいます。

ドタキャンをする理由には以下のようなパターンがあります。

  • 元々本気で会うつもりはなかった
  • 会うのが面倒くさくなった
  • 他に魅力的な相手を見つけた
  • 本当に急用ができて行けなくなったが連絡をしなかった
  • 約束したこと自体を忘れていた

ドタキャンをされると、その日の予定が急になくなり時間や待ち合わせ場所の交通費が無駄になってしまいます。

ドタキャンをされるのを避けるためには、前日や当日にもメッセージを送って確認をすることが有効です。

ただし、最初からドタキャンをするつもりでいる悪質なユーザーはメッセージを送っても意味がないこともあります。

顔合わせ荒らし

パパ活では初回は短時間の顔合わせを行いますが、顔合わせだけでもお手当を払うのが基本的なルールです。

また、顔合わせではカフェやレストランを利用することが多いですが、その分のお金も男性が負担します。

それを利用して、その後のお付き合いをするつもりがないのに顔合わせだけをしてお小遣い稼ぎをしたり、タダで食事をしようという女性もいます。

顔合わせの前までは大人ありなど魅力的な条件を提示していたものの、いざ会ってお手当をもらったら次回のデートの約束もせずにそのまま音信不通になってしまうというパターンです。

食い逃げ・ヤリ逃げ

パパ活では、デートをしたり大人の関係を持つことでお手当をもらうのがルールですが、お金だけもらって逃げる悪質な女性もいます。

会ってからまずお手当を先払いでもらうと、食事中にトイレに行くふりをしてそのまま帰ってしまう、というような手口を使います。

また、ホテルに行っても男性がシャワーを浴びている隙などに関係を持たずに逃げるというパターンもあります。

女性の場合はヤリ逃げという被害に遭うことがあり、お手当を後払いにしてホテルで関係を持った後に、シャワーを浴びている間に逃げられるというケースがあります。

また、食事デートの最中に男性がトイレに行くフリをしてお手当も食事代も払わずに食い逃げをするというパターンもあります。

盗撮・隠し撮り

シュガーダディなどのマッチングアプリ・サイトで知り合った相手とデートをしたりホテルに行っている間に、知らないうちに盗撮をされるというケースがあります。

最近ではスマホで相手に気づかれずに動画を撮影したり、撮影していることに気づかないような超小型カメラを利用することが可能です。

特に男性が女性を撮影して密かに楽しんだり、さらに悪質な場合はそれを使って周りにバラすと脅されたり、別れを切り出した時にリベンジポルノとして使われたりすることがあり大変危険です。

男性の場合も、盗撮された画像や動画で脅されることがないとは言い切れないので注意が必要です。

【結論】シュガーダディ(SugarDaddy)はサクラよりも業者や危険人物に要注意

シュガーダディにサクラや業者はいるのか、という情報についてまとめました。

シュガーダディにはサクラはいませんが、業者はいることがわかっています。

業者はさまざまな手口で近づいてきますが、この記事で説明したようにプロフィールやメッセージの内容で不審な点を感じたら、無視をするかブロック・通報をするなどをして関わらないようにすることが重要です。

また、シュガーダディには業者のような詐欺グループ以外にも、ドタキャンや顔合わせ荒らし、食い逃げや盗撮などの悪質な行為をする危険人物も存在します。

シュガーダディで業者や危険人物の被害に遭わないようにするためには、特徴や手口をしっかり頭に入れた上で、メッセージのやり取りで相手を見極め、会ってからも慎重に行動することが必要です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!