Tinder(ティンダー)でママ活する方法や成功するコツを解説!

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
Tinderでママ活

「ママ活をTinderを始められると聞いたけど、本当なのか?」

「ママ活をTinderでやると効率的なのかな?」

「Tinderでママ活を成功させるコツが知りたい」

上記のようにお考えの男性の方もいらっしゃるでしょう。

Tinder(ティンダー)は無料で始められる上に非常に使いやすく、会員数も多い非常に国内で人気のあるマッチングアプリです。

ママ活といえばママ活アプリ・サイトを使うのが一般的ですが、慣れてくるとTinderでもママ活できます。

Tinderはママ活アプリの中でも使い方やユーザー層が独特で特徴的です。

そこで、今回の記事ではTinderがママ活に向いている理由や、Tinderでママ活を成功させるコツをご紹介いたします。

実際にママの心理を掴んだテクニックを学べるので、Tinderでママ活を効率よく行うことが可能です。

Tinderでママ活を始めたいという方は、今回の記事を読めばTinderでのママ活により詳しくなれます。

ママ活を始めようと考えている方は今回の記事をぜひ、ご参考にしてください。

Jメールなら希望の相手がすぐに見つかる

Jメール

今なら最大20人のママと【無料】でやりとりできちゃう😂

読みたいところをタップ!

Tinder(ティンダー)とは?

アプリ名Tinder(ティンダー)
料金基本無料(有料プランあり)
年齢層10~20代
累計会員数非公開(DL数は世界累計5億3000万以上)
目的友達、恋人探し
特徴無料で出会える
運営会社(日本)MG Japan Services 合同会社
インターネット異性紹介事業届出三田23-119940

Tinderとは2012年にリリースされ、米国上場企業のMatch Groupが運営を行っている海外発のマッチングアプリです。

累計マッチ数550億を突破している人気を誇ります。

大きな特徴として、マッチングから出会いまで基本無料の範囲で可能となっております。

さらに身分証を提出する年齢認証を実施することで、不審なユーザーを減らす取り組みがなされておりユーザー側が安心して使えるようになっているのも大きな強みです。

10代~20代の男女がメインの年齢層となっていますが、30代以上のユーザーも多く利用中です。

Tinderは恋人探しや遊び友達を探す目的で利用されていますが、恋人とは違う割り切った関係を探す場としても人気が高くママ活相手探しにも向いています。

年齢別に相手の女性を絞っていくことが可能なので、ママ活をする際に有効活用することが可能です。

また、高収入なママがTinderに登録していることもあり、マッチングできれば理想的なママ活が可能になります。

上記のようにママ活に使いやすいマッチングアプリになっていることから、ママ活を行う場所として非常におすすめです。

Tinderがママ活に向いている理由とメリット

Tinderがママ活に向いている理由は下記のようになっています。

  • 課金しなくても使える
  • 年齢確認が必須になって安心
  • 距離が近い人を絞って出会える

上記のように確実にママ活のメリットになる理由ばかりです。

コスパを重視して効率よくママと会えるのでママ活に最適と言えるでしょう。

ここからはそれぞれの理由についてご紹介いたします。

Tinderでのママ活などの「金銭のやり取りを前提とした募集」はコミュニティ規則に反する行為となり、退会処分になる可能性があります。
ママ活相手を募集する場合は、表現を注意して募集を行いましょう。

課金しなくても使える

Tinderは登録料と基本使用料が無料なので、コスパよくママ活ができます。

ママ活専用アプリのsilkや各出会い系サイトと異なり、メッセージの交換などにも全く料金がかからないので、安心して相手とやり取りすることが可能です。

上手くいけば全くコストをかけずにママと出会うことも可能です。

ただ、Tinderには課金要素も存在しており、課金をするとさらに女性とマッチングする確率を強められるのがポイントです。

年齢確認が必須になって安全

Tinderを利用できる年齢は18歳以上となっており、年齢確認が必須となりました。

年齢確認は身分証明書の提出と公式の審査が入り、承認後に利用可能となります。

しっかり年齢認証を行っているため、無料SNSに存在する詐欺まがいのママ活アカウントや、年齢や性別を偽るアカウントが少なく、実際にママ活目的の相手と出会える可能性も高くなりました。

そこで、Tinderで年齢確認をする際には下記のような手順で行います。

  • 年齢確認の画面を開いた後で、「年齢確認をする」をタップする
  • ご自身の国籍を選択する
  • パスポート、運転免許書、その他顔の見える証明書のいずれかを選択して撮影する
  • 「完了します」を選択する

上記のわずか4ステップで手続きが済むので非常に手軽です。

ただ、年齢確認には2~3時間ほどかかってしまうので、寝る前などに申請すると効率よく年齢確認を済ませることが出来るでしょう。

また、Tinderは米国の上場企業「Match Group」が運営しているため個人情報の扱いもバッチリとなっています。

さらに、年齢確認が完了した90日以内に、本人確認書類は完全に削除されるので個人情報の流出などの危険性も少なく安心です。

距離が近い人を絞って出会える

Tinderでは距離が近い人に絞って出会えるのも魅力的です。

なので、「なるべく近くに住んでいるママを見つけたい!」という方に好都合となるでしょう。

より手軽に出会いを探していけます。

Tinderでは最短2キロの異性を探すことが出来るので、より近くに住んでいる方を効率よく探せます。

ただ、距離を縮めれば縮めるほど、見つけられる異性の数は減るので、あまりにも出てくる異性が少ない場合は少し距離を離して調整していきましょう。

また、注意点として、Tinderで距離が近い人に絞っていく場合にはアプリ内の位置情報をオンにする必要があるので覚えておきましょう。

必ずiPhoneやAndroidの設定画面から、Tinderの位置情報をオンにしておく必要があります。

位置情報をオフにしてしまうとTinderで距離が近い人を絞っていくことはできなくなってしまうので、あらかじめ注意が必要です。

そこで、「位置情報をオンにすることで身バレするかも?」と考える方もいらっしゃるかと思われますが、最短表示距離は2キロなので安心です。

プロフィールに余程特定される情報を書き込んでいない場合は、身バレする可能性は低くなっています。

Tinderでママ活する際のデメリットと注意点

基本無料アプリで出会いが探しやすいと人気のTinderですが、利用する際に注意する点といくつかデメリットがありますので解説します。

ママ活専用のマッチングアプリではない

Tinderは様々な出会いが探せるマッチングアプリです。

メインユーザー層が10~20代の若いユーザーなので、主に恋人や遊び友達を探す目的で利用されるのがほとんどです。

ママ活を目的とした出会いを求めている相手と簡単にマッチングできるアプリではありません。

お住まいの地域によってはママ活目的の女性がいない場合もあります。

ママ活という共通の目的で出会いを探せる他マッチングアプリも並行して利用することもおすすめします。

同じママ活目的のライバルが多い

Tinderは基本無料で使えるアプリなので男女共に利用ユーザーが多いので、当然ママ活目的で利用している男性ユーザーも多いのは確かです。

ママ活目的で人気の他マッチングアプリと比べても男性比率はとても高く、ママとマッチングするまでの難易度も高くなります。

ライバルと差をつけてママに見つけてもらうために魅力的なプロフィールを書いたり、自分磨きをすることが重要になってきます。

有料プランの課金がほぼ必要

無料版では相手に送るLikeの回数や、誰がLikeしたか確認できない等の多くの制限があります。

相手の情報が分からない状態でママ活相手を探すのは効率的ではないでしょう。

無料でも利用できるTinderですが、相手にプロフィールを見てもらえなかったりと有料プランユーザーと差別化されているのでママ活相手探しを効率的に進めるには有料プランの課金が必要となってきます。

「ママ活仲介(コンシェルジュ)」悪質業者は存在する

Tinderには「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」を名乗るアカウントが存在します。

電話番号認証だけで簡単にアカウントが作れる仕様になっているため、他マッチングアプリよりも業者系アカウントは多い印象があります。

「高収入のママと合わせることが出来る」「たくさんママを紹介できる」など言葉巧みにメッセージを送ってくることが多いです。

「ママを紹介する」などのアカウントは確実に詐欺アカウントになるので、やり取りを行う必要は全くありません。

詐欺アカウントママに合わせる口実で別サイトへの登録を促したり、個人情報を抜き取り悪用される場合があります。

またママに合わせための紹介手数料の先払いや、高額商品の購入をさせられるパターンもあり手口は様々です。

最近では年齢確認の導入で業者も減ってきましたが、見つけた場合はやり取りを行わないようにしましょう。

そのような業者や不審ユーザーは通報することが出来るので、見つけ次第通報して運営に対処してもらうことがおすすめです。

海外向けの仕様で不便に感じる可能性あり

Tinderはアメリカ発祥のマッチングアプリです。

日本ではTinder Japan(MG Japan Services 合同会社)が運営サポートを行っているので安心して利用できますが、Tinderの機能やサービスは海外向けとなっているので急な仕様変更で今まで使えた機能が使えなくなったり、為替の影響を受けて有料プランが値上される可能性もあります。

アプリ内の文章も英語版を直訳したような日本語になっているので表現が分かりづらい箇所があったり、課金アイテムの購入画面も複雑だったりと日本のサービスに慣れていると若干不便に感じる仕様となっています。

Tinderの有料プラン表と機能比較

Tinderは無料で利用可能で実際に出会えることで人気の高いマッチングアプリですが、もちろん有料プランも存在します。

先に述べたように無料版には様々な制限がありママ活という限定的な出会いを求める場合、無料版の制限が不利になる可能性があります。

Tinderでママ活相手とのマッチング率を高めたい場合は有料プランを入ることも検討してみましょう。

Tinder有料プラン・料金表

Tinderの有料プラン「Plus(プラス)」「Gold(ゴールド)」「Platinum(プラチナム)」の料金表を紹介します。

スクロールできます
プラン名iOSAndroidWEBブラウザ
Tinder Plus1,200円2,200円2,176円
Tinder Gold3,400円3,300円3,264円
Tinder Platinum4,300円4,200円4,355円
1ヶ月プランの場合

Tinderは海外サービスのため、為替の影響で月額料金が変動する場合がございます。
最新の料金プランはTinder内からご確認ください。

上記プランの他に6か月、12ヶ月のプランが用意されており長期プランに入ることで月々数百円から利用可能となりお得になります。

アプリストアの手数料の関係で、iOSやAndroid(GooglePlay)経由の課金はWEBブラウザ版に比べて高くなる場合があります。

またTinderでは利用していると定期的にプロモーションが行われ、有料プランが安くなる場合があるのでアプリ内のお知らせもチェックしてみましょう。

上位プランの「Gold」「Platinum」になると金額が上がってしまい、他マッチングアプリの月額料金を超える場合があります。

ママ活相手を探すことが目的であれば、ママ活出会いを求めている女性ユーザーが多いマッチングアプリを検討しても良いでしょう。

Tinder各プラン毎の機能比較

スクロールできます
機能Tinder(無料)Tinder PlusTinder GoldTinder Platinum
マッチ
SuperLike〇(1日1回)〇(1日5回)〇(1日5回)〇(1日5回)
Like(無制限)△(1日100回)
リワインド(無制限)
ブースト(月1回)
パスポート機能
広告非表示
Likeくれた人の確認
Top Picks
メッセージ付きLike
優先Like
Likeした人の確認(過去7日間)

Tinderは基本使用料が無料ですが、有料プランの機能や優遇を受けることでより多くの女性とマッチングが可能となります。

Tinderでのマッチングは”女性ユーザーに見れる(表示される)”ことが重要です。

Platinumプランの「優先Like(Likeした相手に優先的に表示される)」は気になった相手にアピールできるのでママ活相手とマッチングしたい時に活用できる機能です。

Tinder課金アイテムの料金

有料プランでも上限回数がある「SuperLike」「ブースト」は個別で購入することが可能です。

さらに有料プランのユーザーのみが購入可能な「スーパーブースト」、送ったメッセージの既読状況が確認できる「既読確認」が課金アイテムとして購入できます。

機能料金(参考)
SuperLike約850円(5回)~
ブースト約984円(3回)~
既読確認約370円(1回)~
スーパーブースト約4,900円(3時間)~
※料金は契約状況、為替の影響で変動します

有料プラン加入ユーザーのみが購入できる「スーパーブースト」は通常のブースト(30分)よりも長い時間(3~12時間)異性の検索画面に表示されやすくなります。

「スーパーブースト」は高額になるため、利用するタイミングやお住まいの地域での過去のマッチング回数を考慮して利用することをおすすめします。

Tinderのママ活お手当相場はいくら?

Tinderで出会えるママからいただけるお手当相場は以下のようになります。

顔合わせ0円~3,000円or食事代のみ
食事デート飲食代+3,000円~
長時間デート5,000円~20,000円
お泊りデート10,000円~30,000円
定期(大人あり)50,000円~
定期(大人なし)30,000円~

無料で利用できるTinderで出会えるママなので、他の出会い系アプリで出会えるママと比べると相場は少し低くなるかもしれませんが、気軽に出会いが探せるアプリと考えれば決して低い金額ではないと思います。

また車を所有している男性はデート時に車を出すとことで更にお手当がいただけるでしょう。

Tinderでママ活募集を成功させるコツ

Tinderではママを見つけるコツが下記のように存在します。

  • プロフィールは「夢」や「頑張っていること」を書く
  • プロフィール写真はできるだけ設定する
  • 探すママの年齢は30代以降で距離も設定する
  • 「ママ活コンシェルジュ」や「ママ活紹介」は無視する

どれもママ活を確実に成功させるために必要なコツです。

ママの心理を上手く掴んだテクニックもご紹介するので、ぜひご参考にしてください。

プロフィールは「夢」や「頑張っていること」を書く

よりTinderでのママ活を成功させる確率を上げるためには、プロフィールに「夢」や「頑張っていること」を書いていきましょう。

そうすることで、ママが応援したいと感じ興味を持ってくれる可能性が高まります。

ママは自分が応援したいと思った男性を支援したいと考えるので、ママ活で成功するためには応援したくなる人物像を演出することが大切です。

具体的にはプロフィールでは下記のようなことを意識すると良いでしょう。

  • 現在自分が目指している夢や、夢に向けて頑張っていることを簡単に書く
  • 起業を目指していることや海外留学するなどスケールの高い夢や目標を書くとさらに効果的
  • 「家族などに親孝行したい」などママの情に訴えかけることを意識する

Tinderのプロフィールでは上記のことを意識すると、よりママからの興味を惹くことが可能です。

また、メッセージにおいてもご自身の夢のことをさらに細かく語ると効果的です。

ママをご自身のファンにする勢いでどんどん意識の高い姿を見せましょう。

プロフィール写真はできるだけ設定する

Tinderでママ活をするのであれば、プロフィール写真はできるだけきちんと設定しましょう。

というのも、プロフィール写真はご自身のルックスに関わる部分になるのできちんと設定する必要があるからです。

プロフィール写真を適当に設定しているとTinderでのママ活はうまくいきません。

女性は勘が鋭く、プロフィール設定が雑な男性を警戒する傾向があるので注意が必要です。

なので下記の点を意識して、Tinderでのプロフィール写真を設定しましょう。

  • 清潔感を極力出したうえで写真を撮る
  • さらに見栄えをよくするためメンズメイクなどもしてみる
  • より明るく爽やかな印象を与えるためになるべく明るい場所で撮る
  • 他人に写真を撮ってもらうことでナルシスト感をないようにする
  • 他人と遊んでいる写真を使い、よりママに爽やかな印象を与える
  • より人間像を明確に表すために、メイン写真以外にもサブ写真も2~3枚設定する

上記のことを意識すると、よりママに対して良い印象を与えることのできるプロフィール写真が設定できます。

どれも容易に取り組めるものになっているので、ぜひ実践してみましょう。

探すママの年齢は30代以降で距離も設定する

Tinderで上手くママを探す場合には30代以降に年齢を絞った上で、距離もきちんと設定しましょう。

検索する際にきちんと細かく設定しないと、ママ活の対象として相応しくない若い女性なども出てきてしまうので注意が必要です。

具体的には下記のように設定すると効率よくママ活のターゲットの女性が絞れます。

  • 年齢を「35~50歳」に絞って設定する
  • 距離を「2~24km」に絞って設定する

上記のような設定すると、よりターゲットを徹底的に絞ることができるので理想的なママと
出会える可能性が高まります。

ターゲットを絞らずに検索をしてしまうと検索の効率が下がるので注意しましょう。

また、なるべくママ活の成功率を高めるためにも出てきた女性は右へ(ライク)スワイプを行うようにしましょう。

体感的に約30~40秒で作業が終わるので、そこまで負担もかかりません。

あくまでも遊び相手を見つけるのではなく、ママ活のターゲットを探すことが目的なので上記のポイントはきちんと意識しましょう。

Tinderよりママ活相手に出会いやすいマッチングアプリ紹介

Tinderのおすすめできるポイントを中心に紹介してきましたが、無料で利用できるメリットもあればその分デメリットもあります。

Tinderを利用しているユーザー数は多く出会いのチャンスはありますが、”ママ活”という関係で出会いを探す場合は出会える場所や相手が絞られてしまいます。

ママ活相手を見つけるポイントとして、同じ目的の相手がマッチングしやすいマッチングアプリに登録することがおすすめです。

ここではTinderと併用するのにおすすめできる、ママ活相手が見つけやすいマッチングアプリを紹介します。

Jメール

Jメール
評価
会員数1,000万人(2024年5月現在)
ママの年齢層20~40代
登録無料特典1,000円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(1,100円~)
【女性】無料
特徴誘い飯掲示板で気軽に誘える
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社有限会社エムアイシー総合企画
インターネット異性紹介事業届出第90080006000号
公式URLhttps://mintj.com/msm/

真剣な恋愛、恋人探しよりは「割り切った関係」の相手を探すのに利用されているのがJメールです。

ママ活という共通の目的で出会いが探しやすく、Tinderに比べて競合するライバルも少ないのでママに出会いやすい狙い目のマッチングアプリです。

Jメールの機能には「誘い飯掲示板」があり、奢りで男性を募集している女性はママ活相手になるチャンスがあるので、積極的にアプローチしてみましょう。

【18禁】Jメールで年上女性を探す

ワクワクメール

ワクワクメール
評価
会員数1,125万人(2024年5月現在)
ママの年齢層20~30代
登録無料特典1,200円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴ママ活が実質黙認されている
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社株式会社ワクワクコミュニケーションズ
インターネット異性紹介事業届出第96090001000号
公式URLhttps://550909.com/

出会い系・マッチングアプリとしては老舗のワクワクメールでもママ活相手が探せます。

もちろん”ママ活”という直接的なワードで募集はできないのため「一緒にごはん掲示板」「既婚者掲示板」「趣味友掲示板」などママ活が連想できる募集掲示板をチェックすることがママ活相手探しのポイントです。

【18禁】ワクワクメールで年上女性を探す

ハッピーメール

ハッピーメール
評価
会員数3,000万(2024年5月現在)
ママの年齢層20~30代
登録無料特典1,200円分のポイント
料金システム【男性】ポイント制(500円~)
【女性】無料
特徴国内最大級の会員数とクリーンさ
アプリ版あり(iPhone・Android)
運営会社株式会社アイベック
インターネット異性紹介事業届出第90080003000号
公式URLhttps://happymail.co.jp/ ※18歳未満利用禁止

ハッピーメールもママ活関係の出会いを求める男女におすすめできるマッチングアプリです。

真剣な恋愛ではなく割り切り関係での付き合いを求めている女性ユーザーが多く登録中です。

「Jメール」「ワクワクメール」同様に直接的なママ活募集は禁止されているので、募集掲示板と検索機能を活用してママ活を匂わせるママ候補を見つけて積極的にアプローチしましょう。

Tinderでコツを掴んでママ活を始めよう!

今回の記事では、Tinderでのママ活のやり方やコツを中心にご紹介いたしました。

Tinderでママ活を行う際に意識することや、細かいプロフィール作りのテクニックなども網羅した内容の記事になっています。

Tinderで手軽にママ活をしたいと考えている男性にとって役立つ内容と言えるでしょう。

そこで、最後に本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • Tinderはユーザー人口も多く、年齢確認もあるため安心してママ活することができる
  • Tinderは基本無料で使えるが課金するとさらにマッチング率を高めることが可能
  • Tinderでは距離の近い異性を探すことが出来る
  • 稀に業者が存在するので、見つけた場合はメッセージを無視をして通報する

Tinderでは30代以上のママも多く存在しています。

なので、効率よくママ活を行うことが可能です。

年齢層を絞ったり、距離の近いママを検索することもできるので、最大限機能を利用してママ活に活かしていきましょう。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!