YYCでのママ活のやり方や探し方のコツを口コミとともに解説

当サイトには広告へのリンクが含まれており、18歳未満の利用を禁止しております。
YYCでのママ活のやり方や探し方のコツを口コミとともに解説

数多くあるママ活アプリの中でも、今回は「YYC」について徹底解説します。

YYCを使ったママ活のやり方やママの探し方など、初めて使う人でもスムーズに活用できる情報を豊富に紹介します。

なぜYYCがママ活におすすめなのか具体的な理由についても知ることができます。

ママ活を成功させるコツや注意点、利用者の口コミ評判からわかることも解説するので、YYCが気になるママ活男子は是非参考にしてください。

安全なママ活アプリ・サイト17選!評判の良いおすすめを紹介【2024年6月】

読みたいところをタップ!

YYCでのママ活のやり方

YYCに登録してママとデートするまでの流れを説明します。

スムーズにママ活を行うために手順を一通り確認しておきましょう。

YYCに登録してプロフィールを設定する

YYCのアプリをインストールし、無料ユーザー登録画面を開きます。

必要事項(性別・ニックネーム・メールアドレス・パスワード・生年月日・登録地域・利用目的・お知らせメールの受信設定)を入力します。

確認画面で画像認証を行い、規約に同意して登録を行います。

続いてスマホで認証番号を受け取り、電話番号認証を行います。

次に年齢認証を行います。

年齢認証はクレジットカード・身分証明書の画像の送信・身分証明書のコピーを郵送やFAXで送るという方法があります。

会員登録が完了したらプロフィール設定を行います。

たくさんの項目があり、必ずしも全ての項目を入力しなければならないわけではありませんが、できるだけ情報が多い方がマッチング率が高くなります。

プロフィール写真も必ず掲載しましょう。

顔と全身がわかる写真を複数枚登録すると、女性会員から関心を持たれやすくなります。

掲示板や検索でママ候補を探す

会員登録とプロフィール設定を完了したら、掲示板や検索機能を使って自分の希望に合う条件のママ候補を探します。

検索機能では、住んでいる地域や年齢、職業などで絞り込めば近くにいるママ候補を見つけることができます。

好みのママ候補を見つけたら「タイプ」を送ることで好意を伝えることができます。

掲示板では、一緒に食事デートできる相手を募集している女性を探してみましょう。

近くのエリアで募集している年上の女性を見つけることができたら大チャンスです。

タイミングが合えばすぐにデートをしてママ活をスタートすることも可能です。

YYCでママを探す場合には、とにかくこちらから積極的にタイプやメッセージでアプローチすることが大切です。

女性からのアプローチを待っているだけではチャンスをつかむことはできません。

むしろ、女性会員から積極的にアプローチがある場合は業者の可能性があるので警戒する必要があります。

ママ候補の女性とメッセージでやり取りする

タイプを送った女性が自分にもタイプをしてくれたらマッチング成立です。

まずはいきなりLINEの交換などはせず、YYCの中でメッセージのやり取りをしましょう。

特に最初のメッセージは、好印象を与えられるかどうかの鍵となります。

最初からママ活希望であることを伝えたりお金の話をすることはNGです。

挨拶や簡単な自己紹介をして、女性に惹かれた理由などを紳士的に伝えましょう。(年上の女性が好きで上品なイメージに惹かれました、など)

馴れ馴れしくタメ語を使うのは避けてください。

女性の趣味の話などに共感する姿勢を見せ、親近感を持たせることができ距離を縮めることができたらLINEの交換を提案してみてください。

LINEのやり取りを始める頃にはある程度信頼関係が築かれているので、そこからはダラダラとしたやり取りを長引かせないようにしましょう。

好きな食べ物の話題から、「おいしい店があるので一緒に行きませんか?」と誘ったり、逆に「おすすめのお店があったら連れて行ってください」などとお願いしたりする形で誘うのがおすすめです。

女性と実際に会ってデートする

最初のデートは、ママ活を前提としていることは明かさずにまずは食事やお茶をする内容で誘います。

いきなりママ活の話を出すと、デートをする前に冷められてしまうことがあります。

ママ候補の女性は会社経営者など多忙なこともあるので、デートをする日程については、女性の都合に配慮する姿勢を見せましょう。

待ち合わせ場所には時間より先に行き、女性が現れたら笑顔で来てくれたことに対するお礼の気持ちや、会えるのを楽しみにしていた気持ちを伝えます。

デート中は荷物を持ってあげたり先にお店のドアを開けてエスコートするなど、女性として大切に扱ってあげましょう。

服装のセンスが良いことや髪型が似合うことなど、さりげなく褒めることも効果的です。

会話の中では基本的に聞き役に回り、女性の話に共感したり良いリアクションを見せてあげると、一緒にいて楽しいと感じてもらうことができます。

ママ活の交渉や次回の約束を取り付ける

デート中にママ活の交渉に持ち込まなければなりませんが、女性から気に入られた場合には相手から条件などの話を切り出してくれる場合もあります。

もしママ活の話題に発展しなそうな雰囲気であれば、自分から「夢や目標に向かって勉強を頑張っている最中だけど、これからもこうしてデートしたい」「素敵な人でまた会いたいけれど今は収入があまりないため難しい」など、女性の方から金銭的なサポートを申し出るよう流れになるような話をしてみてください。

どのくらいの頻度でデートをするか、お手当はいくらなのかなど交渉がまとまったら、ママ活のスタート地点に立つことができたといえます。

ただし、デートが上手くいったからと安心していると音信不通や自然消滅になるパターンもありえるので、別れる前に次のデートの約束も必ずしておくことが重要です。

YYCでのママの探し方

YYCでママ活を始めるなら、まずはママ候補の女性を探す方法について確認しましょう。

掲示板・検索機能を利用した探し方について詳しく説明します。

まずは食事から掲示板で募集する

YYCには希望に合う相手を条件つきで募集することができる掲示板機能があります。

大きく分けて「一般カテゴリ」と「大人のカテゴリ」がありますが、「大人のカテゴリ」には業者が多いので避けましょう。

一般カテゴリには、恋人募集・メル友募集・今から遊ぼ・ヒマしてる、のカテゴリがあります。

まずは自分で「一緒に食事をしませんか?」という募集をする書き込みをしてみましょう。

自分からママ候補の女性を探すなら、絞り込みで登録している地域や年齢で検索するのがおすすめです。

一緒に食事をできる相手を探している女性を見つけることができればベストですが、今から会えるヒマしているママ世代の女性を見つけたら食事デートに誘ってみましょう。

食事という目的があれば警戒心を持たれにくくデートの約束を取り付けやすいです。

検索機能で高収入のママを探す

YYCでは検索機能でママ候補の女性を探すことができます。

プロフィールのトップページを開くと、登録地域の女性会員がログイン順に表示されます。

「絞り込む」からさまざまな条件で女性を検索することができますが、ママ候補を探すなら年齢、そして高収入だと考えられる職業で絞り込むことが効果的です。

会社経営者や医療従事者など一般的に高収入のイメージがある職業で探してみましょう。

共通点の多いママを探すならおすすめ検索、近くにいてすぐ会えるママを探すならGPS検索を利用します。

他には登録したばかりの女性を探す新人検索や、24時間以内に1通も男性会員からメールが来ていない女性を探すチャンス検索を利用すればライバルよりも先にママをゲットできる可能性があります。

YYCでママ活している人の口コミ

SNS上では、実際にYYCを利用しているユーザーからママ活におすすめできるアプリだという口コミが見られます。

おすすめランキングの中でも他の大手マッチングアプリとともに紹介されていることから、評価の高さがわかります。

ただし、YYCではママ活募集が禁止されていることから直接的なママ活ワードを使うことができないというデメリットを指摘するユーザーもいました。

YYCを使ってママ活をする場合は、プロフィールやメッセージでママ活目的だとわかるようなワードを使わないように気をつけることが必要です。

YYCがママ活に向いている理由

YYCはSNS上の口コミからもママ活に向いているアプリだということがわかりますが、ここではその具体的な理由について説明します。

会員数が1,500万人以上と多い

希望の条件に合うママを見つけるためには、会員数が多い方がチャンスがあるので有利です。

YYCは累計会員数が1,500万人以上で国内トップクラスの規模を誇るマッチングアプリです。

全国各地でたくさんの女性と出会うことができ、さまざまな年齢層の女性が利用していることからママ候補の女性を見つけやすいのが特徴です。

パパ活専用のアプリというものもありますが、やはりYYCのようなマッチングアプリの方が断然知名度が高く会員数も多いのでママ活をしたい男性におすすめです。

元mixi運営で安心感がある

YYCは元々は、かつて堀江貴文さんが経営していた会社であるライブドアによって運営されており、その後LINE株式会社に売却されてから、mixiに売却されmixiの子会社によって運営されてきた実績があります。

2018年から運営元はmixiから、結婚相談所や婚活アプリなどの婚活事業を行っている東証一部上場企業のIBJに変更となっています。

マッチングアプリというと怪しいイメージを持つ人も少なくありませんが、YYCはかつて一世を風靡したmixiに運営され、現在でも東証一部上場企業の運営なことから、安心感がありママ世代からも選ばれやすいのが特徴です。

軽い気持ちの付き合いを望む女性が多い

YYCには恋人を募集する目的の他に、とりあえず今から遊びたい・ヒマしているという理由で掲示板に書き込みをしている女性も多いです。

そのため、会うまでのハードルが低く食事を一緒にしようと誘えばすぐに会うことが可能です。

ママ世代のリッチな女性は、年下の男性とデートをすることで癒しを得たり新鮮な気持ちになりたいという願望があります。

大人の女性からも警戒されずにメッセージのやり取りをすることができ、すぐに会ってママ活スタートの流れに持ち込みやすいのがメリットです。

YYCのママ活でママを見つけるコツ

YYCを使ってママ活募集を成功させるためのコツをアドバイスします。

参考にすることで、初心者でも理想のママをゲットできるはずです。

ママ受けするプロフィールを作る

YYCでママの心をつかむためにはプロフィール作成が大変重要です。

プロフィールの項目はできるだけ埋めた方が真面目で丁寧な印象を与えることができます。

自己紹介文では、夢や目標に向かって頑張っていることを記載すれば応援したいという気持ちにさせることができます。

年上の大人な女性がタイプだということをアピールすれば、単にお金目的ではないということでママからの好感度もアップします。

ママが安心してやり取りできるようにプロフィール写真も必ず掲載しましょう。

チャラチャラした雰囲気は出さず、清潔感の感じられる自然な笑顔の写真がおすすめです。

検索機能やつぶやきを駆使する

YYCではプロフィールの条件を絞り込むことで、希望に合うママを探し出すことができます。

さらに、新人検索やチャンス検索を使えばまだライバルが少ないママにアプローチすることが可能です。

また、YYCには40文字以内で自由につぶやきを投稿できる機能があります。

つぶやきの閲覧は無料で、いいね!も無料で送ることができます。

つぶやきを利用しているユーザーは少ないですが、だからこそチェックしているママの目にも止まりやすく、ママのつぶやきにイイネ!をすれば存在を効果的にアピールすることが可能です。

露骨にママ活していることを言わない

ママと交渉をするまでは、ママ活募集をしていることをあからさまにアピールしないようにしましょう。

お金目的だとわかると引いてしまうママもいます。

ママ活ワードを使うとママ活慣れしている印象を与えてしまい、他の女性ともやり取りしていると思われてしまいます。

まずは、年上の女性とお付き合いしたいという形で近づき、信頼関係を築くことができたら夢や目標のために金銭的なサポートをしてもらうという流れに持っていくようにしてください。

YYCのママ活で気をつけること

YYCはママ活におすすめのアプリですが、利用する際にはいくつか注意点もあります。

失敗やトラブルを避けるためにも確認しておきましょう。

YYCはママ活が禁止

YYCは本来はママ活専用のアプリではなく、ママ活募集を禁止しています。

健全なアプリとしてサービスを提供しているため、売春・買春につながるイメージのあるママ活・パパ活目的のユーザーの利用を禁止しているのです。

ママ候補の女性と出会いメッセージのやり取りをしてから、実際に会ってママ活の交渉をするという流れであれば問題ないのですが、プロフィールや掲示板への書き込みでママ活を匂わせる表現を使うと投稿を削除されたりアカウント停止の措置をとられる可能性があります。

なかなか会おうとしない女性に注意

YYCに限らずマッチングアプリでは、女性が男性にメッセージの返信などのアクションをするとポイントがもらえるという特典があります。

出会い目的ではなくポイントを集めるために男性とやり取りをしているキャッシュバッカーと呼ばれる女性がいます。

このような女性は絶対に会ってくれないのでメッセージのやり取りをしても時間やお金の無駄です。

LINEの交換を提案したりデートの誘いをしても話を逸らしたり応じることがないのに、いつまでもダラダラとやり取りを続けようとする女性がいたらスッパリ切り捨てるようにしてください。

積極的にママ活アピールする女性は業者

YYCには外部に誘導して詐欺行為をしようとする業者も紛れ込んでいます。

業者はお金が欲しい男性を狙ってママ活アピールをして近づいてきますが、普通は女性の方から積極的にママ活の話を持ちかけてくることはありません。

業者に引っかかると、外部サイトに登録させられて登録料を請求されたり個人情報を盗まれるなどの被害に遭うリスクがあります。

また、実際に会うことができた場合でも、肉体関係を持たされたタイミングで仲間の男が現れて恐喝されるという悪質な美人局に遭うケースもあります。

女性の方からママ活アピールをされた場合は警戒して近づかないようにしてください。

【結論】YYCのママ活は上手く使えば成功できる!

YYCは会員数が非常に多く、全国で女性との出会いのチャンスがあります。

とりあえず会って一緒に食事など気軽なデートがしたい、という考えで利用している女性も多いので、ママ世代の年齢層を狙ってアプローチすればママ活につなげることができます。

ただし、あからさまなママ活を禁止しているアプリでもあるので、プロフィールや掲示板ではママ活用語やそれに近い表現は使わないように気をつけてください。

この記事でアドバイスしたことを参考にして、YYCを上手く使えばママ活を成功させることが十分期待できます。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kadi(カディ)のアバター kadi(カディ) ママ活マイスター

貧乏な大学生活から抜け出しくてママ活をスタート。卒業した今でもママ活を副業として続けながら、ママ活界隈を盛り上げたくてママ活ノウハウを解説しています。

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!